北海道1か月 厳しい暑さのちおさまる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道1か月 厳しい暑さのちおさまる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


31日、札幌管区気象台は1か月予報を発表しました。向こう1か月の気温は平年より高いでしょう。6月上旬は北海道の上空に真夏並みの空気が流れ込み、厳しい暑さとなる日があるため熱中症には十分な注意が必要です。一方、中旬以降は暑さが収まり、涼しくなる日もありそうです。降水量と日照時間はほぼ平年並みでしょう。

6月2日~6月8日 YOSAKOIソーラン祭り!半袖と上着の両方ご用意を

2日(土)と3日(日)の道内は高気圧に覆われて、広く晴れる見込みです。4日(月)以降も晴れ間の出る日が多いですが、6日(水)頃は気圧の谷の影響で曇り空の所が多くなるでしょう。気温は平年並みか高く、日中は内陸を中心に25度前後まで上がる日が多くなります。厳しい暑さのピークは4日(月)となり、内陸を中心に30度前後まで上がる所が多くなる予想のため、しっかりとした熱中症対策が必要となります。YOSAKOIソーラン祭りの期間中、6日(水)~7日(木)の札幌の最高気温は25度前後で、日差しの出る時間もありますが、朝晩は15度前後まで下がるでしょう。8日(金)以降は最高気温でも15度前後と急に空気がヒンヤリとなる可能性があります。遠方からお越しのなる方は、半袖に羽織る物や軽い上着など暑さ寒さを調節ができる服装を用意しておくとよさそうです。

6月9日~6月15日 厳しい暑さはいったん収まりそう

高気圧と低気圧が交互に通過するため、天気は平年と同様に数日の周期で晴れたり、雨が降ったりするでしょう。北海道では南から低気圧がやってくる場合、雨雲のもととなる水分を大量に運んでくるため大雨となることもあります。日々の天気予報や気象情報のチェックは欠かさずにお願いします。気温は日本海側と太平洋側は平年並みか高く、オホーツク海側は平年並みでしょう。

6月16日~6月29日 ムシムシ・ジメジメする日も

引き続き、高気圧と低気圧が交互に通過するため、天気は数日の周期で変わる見込みです。気温はほぼ平年並みですが、南から湿った空気が入ってくることもあるため、北海道らしくなくムシムシ・ジメジメとする日もありそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい