31日 広く大気不安定 落雷や突風に注意

tenki.jp

北海道から近畿の広い範囲で大気の状態が非常に不安定になる見込みです。落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょう、局地的な激しい雨に注意して下さい。

きょうの天気

北日本に南から暖かく湿った空気が流れ込み、上空5500メートル付近に氷点下18度以下の寒気が流れ込む見込みです。北海道から近畿の広い範囲で大気の状態が非常に不安定になるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨に注意して下さい。
北海道は雨が降り、局地的に雷を伴って激しく降るでしょう。東北も断続的に雨が降る見込みです。雷が鳴る所があり、北部では午後は所々で激しく降るでしょう。北陸も雨が降りやすく、局地的に雷が鳴り、激しく降りそうです。関東は雲が多く、早い所は夕方から雨が降りだし、北部では雷が鳴る所があるでしょう。夜は雨が降る所が多いでしょう。東海も雲が広がり、午後を中心に雨や雷雨で、激しく降る所があるでしょう。近畿も雲に覆われるでしょう。午後は雨や雷雨で、京都や大阪では激しく降る所がありそうです。中国地方も雲が多く、にわか雨や雷雨があるでしょう。四国も雲に覆われて、夕方まで雨が降る所がありそうです。九州も曇り空で、昼頃まで所々で雨が降るでしょう。奄美は昼前から雨が降り、夕方から雷を伴って激しく降る所がありそうです。沖縄は晴れから曇り空に変わり、夜は雨や雷雨でしょう。激しく降る所もありそうです。

きょうの最高気温

きのうと同じくらいか低くなるでしょう。那覇は31度の予想で、6日続けて真夏日になりそうです。鹿児島と福岡は26度、高知は24度、広島は27度、大阪は23度、名古屋は22度、東京は25度で、九州から関東は、平年並みか平年より低い見込みです。金沢と新潟は23度、仙台は22度、秋田は23度で、北陸と東北は、平年並みか平年より高くなる予想です。札幌は21度で、きのうより7度も低くなる見込みです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック