列島は広く雨 帯状の雲と台風のような渦巻 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

列島は広く雨 帯状の雲と台風のような渦巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


衛星画像をみると帯状の雲と渦上の雲。30日(水)以降、列島は広く雨が降り、シビアな現象に注意が必要な所も。

2種類の雲

衛星画像では大陸から西日本、東日本にかけて帯状の雲が見られます。これは日本の南海上に延びる前線による雲です。九州や四国に長雨の季節をもたらしました。
また、大陸には巨大な渦状の雲が見られます。これは寒冷渦(上空に寒気を伴った気圧の谷)に伴う雲です。寒冷渦がやってくると大気の状態が不安定になり、時には落雷、竜巻などの激しい突風などシビアな現象をもたらします。
この先、前線と寒冷渦の影響で、日本列島は広く雨や雷雨になる予想です。

天気のポイント

前線上の低気圧がゆっくりと東に進む予想です。このため、30日(水)は四国から東海は断続的に雨が降るでしょう。関東も昼頃から雨が降りだし、帰宅時は本降りの雨の所もありそうです。いったん雨雲が抜けた後も次々と雨雲がかかるため、31日(木)にかけて雨の降りやすい状態が続くでしょう。
寒冷渦は30日(水)の午後には日本海に達する予想です。北海道や東北は30日(水)の午後から31日(木)にかけて大気の状態が非常に不安定になるでしょう。竜巻などの激しい突風や落雷、ひょう、急な強い雨に注意が必要です。31(木)の午後から6月1日(金)にかけては関東も大気の状態が不安定になりますので、天気の急変に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい