梅雨入り・明け早め 高温傾向 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨入り・明け早め 高温傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


25日、日本気象協会は梅雨の傾向を発表しました。梅雨入り、梅雨明けは全般に平年より早い見込みです。梅雨の期間の気温は平年より高めとなりそうです。

雨の季節 平年より早い

きょう(26日)は大陸から日本の南に前線が停滞し、九州南部で平年より5日早い梅雨入りの発表がありました。すでに梅雨入りの発表があった奄美(5月7日ごろ)、沖縄(5月8日ごろ)も平年より早くなっています。
これから雨の季節に入る地域の平年の梅雨入りは、九州北部、四国、中国、近畿、東海、関東甲信は6月上旬、北陸、東北南部、東北北部は6月中旬ごろです。日本気象協会は5月25日に梅雨の傾向を発表しました。九州北部から関東甲信の梅雨入りは平年より早く、東北南部と東北北部は平年並みか早い予想です。梅雨の期間は、南から暖かく湿った空気の流れ込みなどで、雨雲が局地的に発達し災害に結びつく大雨となることがあります。この期間は特に気象情報に留意して下さい。
梅雨明けの平年は、奄美・沖縄は6月下旬、九州南部、九州北部、四国は7月中旬、中国、近畿、東海、関東甲信、北陸、東北南部、東北北部は7月下旬ごろです。今年は沖縄から関東で平年より早く、北陸や東北は平年並みの予想です。

6月・7月の天気傾向

この先、夏にかけてのチベット高気圧、太平洋高気圧の日本付近への張り出しは平年より強い見込みです。
【6月の天気と気温】
奄美・沖縄は雨の少ない状態が続いていますが、中旬ごろは平年と同様に曇りや雨の日が多くなりそうです。下旬には夏空が広がるでしょう。気温は平年より高い予想です。
九州、四国、中国、近畿、東海、関東甲信、北陸は、6月上旬ごろにかけては平年に比べ曇りや雨の日が多い見込みです。降水量は平年並みか多いでしょう。梅雨前線や暖湿気の流入で大雨となることがあります。気温は平年並みでしょう。
東北は天気は周期的に変わり、中旬ごろから曇りや雨の日が多くなる見込みです。気温は平年並みか高いでしょう。
【7月の天気と気温】
奄美・沖縄は夏真っ盛り、平年に比べ晴れの日が多い見込みです。気温は平年より高い予想です。九州、四国、中国、近畿、東海、関東甲信、北陸は降水量は平年より少ない予想ですが、梅雨末期の大雨に警戒が必要です。気温は平年より高いでしょう。東北は前線の影響を受けやすくなり、日本海側を中心に大雨となることがありそうです。気温は平年並みか高いでしょう。
梅雨の期間は一時的に梅雨寒となることがあっても、気温は全般に平年並みか高い予想です。湿度が高いと汗が蒸発しにくいため、熱中症になる危険性が高まります。梅雨が明けると盛夏、高気圧に覆われて、まぶしい夏空が広がり夏本番となる見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加