北海道の3か月予報 蒸し暑い夏! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道の3か月予報 蒸し暑い夏!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


25日、札幌管区気象台は3か月予報を発表しました。6月から7月を中心に太平洋高気圧の日本への張り出しが強まる予想のため、北海道付近には高気圧の周りを回って南から暖かく湿った空気が流れ込みやすくなります。そのため、向こう3か月の平均気温は高く、6月のうちから北海道らしくない蒸し暑さとなる日が出てきそうです。降水量はほぼ平年並みですが、局地的な大雨や晴れた日の午後のにわか雨などに注意が必要となります。

6月 カラっとした暑さから蒸し暑さに変わる

高気圧と低気圧が交互に通過するため、数日の周期で晴れたり、曇りや雨となるでしょう。長雨や日照り続きなど極端な天候となる心配はなさそうです。気温は平年並みか高いでしょう。はじめは大陸からやってくる乾燥した高気圧に覆われて、北海道らしいカラッとした暑さとなる日がありますが、次第に太平洋高気圧に覆われるようになるため、早いうちから真夏のような蒸し暑さとなる日がでてきそうです。

7月 蒸し暑い! 暑さ対策、熱中症対策はお早めに

太平洋高気圧の日本への張り出しが平年より強いため、高気圧の周りを回って北海道付近に南から暖かく湿った空気が流れ込みやすくなります。天気は平年と同じように数日の周期で変わるでしょう。しかし、湿った空気の影響で局地的に大雨となったり、晴れて暑くなった日の午後など、急に大きな雲が発生して激しいにわか雨となる恐れがあります。この夏も天気の急変には十分な注意が必要です。気温は平年並みか高く、北海道らしくない蒸し暑さとなる日が多そうです。

8月 蒸し暑い夏が続きそう

太平洋高気圧に覆われる日と気圧の谷の影響を受ける日があるため、天気は平年と同様に数日の周期で変わる見込みです。気温は平年並みか高でしょう。引き続き、湿った空気が流れ込みやすいため、蒸し暑い日が続きそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい