東北 肌寒さ一転 来週は真夏日の所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 肌寒さ一転 来週は真夏日の所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


13日日曜日は、天気は下り坂で、北部や日本海側を中心に雨の降るところが多くなるでしょう。ただ、仙台で行われる【仙台国際ハーフマラソン大会】開催時間帯は、雨具は必要なさそうです。気温は、きょう11日から一気に上がり、来週は気温の高い日が続く予想です。寒暖差で体調を崩さないようご注意ください。

12日土曜日 晴れて気温上昇

東北地方では、高気圧に覆われておおむね晴れる見込みです。南西からの山越えの風が吹く影響で、南部や太平洋側を中心に、日中の最高気温は平年より高いところが多くなるでしょう。南部を中心に夏日になるところがありそうです。屋外で運動などする際にはこまめな水分補給を心がけ、熱中症対策はしっかり行いましょう。また、直射日光に加えて、アスファルトからの照り返しも強くなりそうです。日焼け止めクリームや帽子などで紫外線対策も忘れずに行いましょう。

13日日曜日 天気下り坂

高気圧の中心が東海上に移動し、東北地方には暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。また、また日本海からは気圧の谷が延びてくる予想です。天気は下り坂で、北部や日本海側では、昼頃から雨が降り出すでしょう。【仙台国際ハーフマラソン大会】が開催される仙台など南部では、雨の降り出しは早くても、夕方の予想です。ただ、お出かけの際は、雨が降っていなくても雨具はお持ちになったほうがよいでしょう。暖かい空気が流れ込んでいる影響で、日差しが少なくても日中の最高気温は平年より高いところが多い予想です。南部ではムシムシと感じられるところがありそうです。

14日月曜日 2つの低気圧

前線が本州付近に延びて、前線上の低気圧が近づくでしょう。東北地方では、明け方にかけて雨の降るところが多く、南部を中心にザッと雨脚が強まるところがありそうです。雨の月曜日は渋滞する道路が多くなりますので、通勤、通学の際は時間に余裕を持った行動を心がけましょう。昼頃は一旦雨の止むところが多くなる見込みです。ただ、日本海から寒気を伴った別の低気圧が近づく影響で、大気の状態が不安定になるでしょう。日本海側や北部を中心に再び雨が降り、山沿いを中心に雷を伴って雨脚が強まりそうです。お出かけの際は雨具をお持ちください。日中の最高気温は前日と同じか高い予想で、南部を中心にムシムシ感が続きそうです。

15日火曜日以降 晴れ続く 南部で真夏日の所も

東北地方では、高気圧に覆われて晴れるところが多いでしょう。大陸で暖められた空気が流れ込んで日中の最高気温は南部を中心に30℃を超えるところがありそうです。今週は肌寒い日が多く、今週末以降グッと気温が上がり、しばらく気温の高い日が続く予想です。来週は湿度は低めですが、暑さに体が慣れていない時期ですので、熱中症にはくれぐれもご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい