九州 土砂災害などに注意・警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 土砂災害などに注意・警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


大陸から本州付近に延びる前線上を低気圧が東へ進んでいるため、きょう(7日)の九州は所々で激しい雨が降っています。きのう(6日)の降り始めからきょう(7日)午後3時までの雨量は長崎県の対馬市厳原で180.0ミリに達するなど、九州は局地的な大雨となっています。

九州 局地的な大雨

きょう(7日)は大陸から本州付近に延びる前線上を低気圧が東へ進んでおり、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、九州は大気の状態が不安定となっています。きょう(7日)は所々に活発な雨雲が発生しており、最大1時間雨量は熊本県の山都町で39.0ミリ(午前5時07分)など激しい雨が観測されています。
きのう(6日)の降り始めからきょう(7日)午後3時までの雨量は長崎県の対馬市厳原で180.0ミリ、大分県日田市の椿ヶ鼻で162.5ミリに達するなど、九州は局地的な大雨となっています。

今夜にかけて 土砂災害などに警戒

前線を伴った低気圧は今夜にかけて九州南部付近を南下するため、九州は熊本県や鹿児島県、宮崎県を中心に雷を伴った激しい雨が降る所があり、局地的に1時間に50ミリ以上の滝のような非常に激しい雨が降るおそれがあります。これまでの雨で地盤が緩んでいる所がありますので、今夜にかけて九州は引き続き土砂災害と河川の増水・氾濫に注意・警戒してください。低い土地の浸水や落雷・竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。
前線はあす(8日)朝には九州の南海上に南下し、九州の大雨は峠を越える見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい