連休明け 通勤時間帯 非常に激しい雨警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

連休明け 通勤時間帯 非常に激しい雨警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


連休明け、7日(月)は九州から関東は広く雨。朝の通勤・通学の時間帯は西日本中心に滝のような雨の所も。お帰りの時間帯は東海や関東など東日本中心にバケツをひっくり返したような雨に注意・警戒が必要です。

月曜 朝は西 帰りは東で激しい雨

連休最終日の6日(日)は、関東など東日本は晴れて夏日続出となりましたが、西と北から雨雲が広がってきています。連休明けの7日(月)は、この雨の範囲が東海や関東にも広がり本州付近は広く雨。局地的に非常に激しい雨が降り大雨の恐れがあります。九州から近畿は朝の通勤・通学の時間帯を中心に、局地的に雷を伴い、非常に激しく降る所があるでしょう。特に、九州は長崎や福岡など北部中心に、1時間に50ミリ以上の「滝のような雨」の恐れがあります。また、九州北部や四国、近畿では7日18時までの24時間雨量は多い所200ミリの予想。平年の5月1か月分の雨量がたった1日でザッと降ってしまうような大雨の恐れがあります。また、東海や関東も朝から雨。東海は朝とお帰りの時間帯ともに非常に激しい雨の恐れ。関東は夕方から夜の初めにかけては、神奈川県(箱根)や千葉など沿岸部中心にバケツをひっくりかえしたような雨の所も。アンダーパスなど低い土地の浸水や、河川の増水、土砂災害などに注意・警戒が必要です。

夏の暑さから一転 ヒンヤリ

連休最終日の6日(日)は、仙台など東北南部から近畿にかけて最高気温は25度以上の夏日に。東京は26度5分、福島県梁川(やながわ)では30度以上の真夏日となりました。ちなみに東京都心ではGW9日間中、7日間で25度以上の夏日となりました。日中は半袖が当たり前の日が続きましたが、連休明け7日(月)は要注意です。夏日・真夏日から一転、空気がヒンヤリしそう。最高気温は全国的に6日(日)より低い所が多く、東京や名古屋は7度以上低く、20度に届くかどうか。
連休明けは、大雨とヒンヤリに要注意です。
※なお、低気圧や前線の動きによって雨の降り方や時間帯が変わる可能性があります。最新の情報をこまめにチェックお願いします。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい