週間 連休明け大雨 一時的に寒気流入 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 連休明け大雨 一時的に寒気流入

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


7日(月)、九州から関東は荒天。大雨も。気温は急降下、多くの所で4月並みに。その後、天気の回復はゆっくりですが、週後半は全国的に晴れ間が戻るでしょう。7月並みの気温になる所も。

4月並みの気温 週後半は7月並みに

連休明けの7日(月)は、前線が本州を南下。九州から関東にかけて雨が降り、荒れた天気となる所もあるでしょう。大雨のおそれも。東北も雨が降りやすく、北海道も雲が多いでしょう。
前線の通過後は一時的に日本付近に寒気が流れ込みます。最高気温は4月中旬から下旬並みとなる所が多いでしょう。関東や東北で前日より10度くらいも低くなる所がありそうです。
8日(火)から10(木)頃にかけては、大陸から高気圧が本州付近に移動してくるでしょう。日本付近の上空5500メートル付近には氷点下18度くらいの寒気が流れ込みます。九州から近畿は日差しが届く所もありますが、日本海側は雲が多いでしょう。関東甲信や東海は午後は大気の状態が不安定となり、局地的に雨や雷雨があるかもしれません。東北や北海道も日本海側を中心に雲がかかり、所々で雨が降るでしょう。
11日(金)から12日(土)頃は、本州付近は高気圧に覆われる見込みです。全国的に晴れ間が戻るでしょう。最高気温は徐々に上がり、6月から7月上旬並みとなる所が出てきそうです。
13日(日)頃は、高気圧は日本の東へ離れ、大陸から前線や低気圧が近づいてくるでしょう。九州や四国、中国地方では雨が降り出す所があり、西から天気は下り坂へ向かいます。
5月に入りクールビズが実施されている所も多くなっていますが、週の前半は上着があるとよさそうです。ヒンヤリした空気に覆われるのは一時的です。週の後半は多くの所で半袖日和になるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい