連休明け 大雨の恐れ 気温低下でひんやり 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

連休明け 大雨の恐れ 気温低下でひんやり

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


連休明け早々、広く雨となりそう。通勤・通学の足に影響が出る恐れも。気温も前日よりも下がって、一気にひんやりしそうです。9日(水)以降は天気が回復して晴れるでしょう。来週末にかけて次第に暑さが戻りそうです。

連休明け早々 天気崩れる

長かったゴールデンウイークも終わり、気持ちを切り替えていよいよ7日(月)から仕事や学校、という方も多いと思います。しかし、連休明け早々、天気はすっきりといかないようです。大陸からは前線が延び、早い所ではあす6日(日)から雨が降り出すでしょう。九州では午後から、中国と四国、近畿、東海は夜は広く雨となりそうです。北陸では夜遅くから雨が降り出す所があるでしょう。7日(月)は九州から北海道にかけて広く雨。前線の活動によっては大雨となる恐れもあります。午前中は九州から東海を中心に雨脚が強まり、バケツをひっくり返したような激しい雨が降る所もありそうです。通勤・通学の足にも影響があるでしょう。関東ではお帰りの時間帯に雨脚が強まる見込みです。お出かけにはしっかりした傘が必要となりそうです。8日(火)は本州の南の海上に前線が延びるため、関東から九州にかけて太平洋側を中心に雨や曇りの天気でしょう。9日(水)には天気が回復する所が多いですが、沖縄や奄美では11日(金)にかけてすっきりしない天気が続きそうです。そろそろ梅雨の足音が近づいているかもしれません。その他の所は12日(土)にかけておおむね晴れるでしょう。

一旦ひんやり、その後また暑い

連休最終日は東北や関東甲信を中心に暑くなりそうですが、一転して連休明け7日(月)は東北から九州の最高気温は20度から23度くらい。6日(日)は30度近くまで上がる所も、7日(月)は気温がぐんと下がるでしょう。雨でひんやりしますので、通勤・通学の際は、羽織る物があったほうが良さそうです。一方、沖縄は30度くらいまで上がり、雨でムシムシしますので、風通しの良い服装が良いでしょう。その後も10日(木)くらいまで平年並みか平年より低い気温が続きますが、11日(金)以降は最高気温が25度以上の夏日の所も出てくるでしょう。日差しもあるため、汗ばむくらいの陽気になりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい