GW終盤 気温上昇 西は天気下り坂

tenki.jp

GWもいよいよ終盤。5日は広く晴れる見込みです。6日は東日本は大体晴れて暑さが増しそうです。真夏日の所もあるでしょう。西日本は次第に天気が下り坂となりそうです。

5日はお出かけ日和で夏日に

5日(こどもの日)は北海道や東北、北陸は午前中は大気の状態が非常に不安定でしょう。落雷や竜巻などの突風、ひょうが降ったりすることもありますので、朝からお出かけの方は、天気の急変にご注意ください。午後は次第に天気が回復して、晴れ間の出る所もあるでしょう。関東から九州は一日晴天となりそうです。天気の崩れはないでしょう。ただ、沿岸部では風が強まりそうです。こいのぼりが元気に泳ぐ姿が見られそうですが、お出かけの際は帽子やレジャーシートなど飛ばされないようにご注意ください。洗濯物もしっかり留めておいたほうが良いでしょう。最高気温は、北海道では4日よりも低いですが、東北から九州、沖縄にかけては高い所が多い見込みです。関東から九州、沖縄では25度以上の夏日の所が多いでしょう。汗ばむ陽気になりそうです。

6日は暑い! 西は天気下り坂

6日(日)は、北海道は気圧の谷の影響で、一時的に雨が降りそうです。東北から近畿は高気圧に覆われて晴れる所が多い見込みです。行楽・スポーツ日和となるでしょう。ただ、大陸から前線が延びてくるため、中国、四国や九州は次第に天気が下り坂となりそうです。午後は所々で雨が降り出してくる見込みです。最高気温は東北や北陸、関東甲信地方を中心に平年より気温がぐんと高いでしょう。東海は25度以上の夏日の所が5日よりも多くなりそうです。30度以上の真夏日の所もあるでしょう。近畿から九州は雲が多くなるので、暑さは和らぎそうです。雨が降るとひんやり感じられる所もあるでしょう。

連休最終日は早めの帰宅を

6日は次第に九州から関東、北陸の沿岸部を中心に風が強まりますので、交通機関に影響が出る恐れがあります。翌日から仕事や、学校という方も多いと思います。レジャーを楽しんだあとは余裕を持った帰宅を心掛けましょう。また、7日(月)は全国的に天気が崩れるでしょう。通勤・通学の時間帯は雨や風が強まる所もありそうです。暑さはおさまって、一転して空気がひんやりしそうです。通勤・通学の際の服装にもご注意ください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック