週間天気 行楽日和のあと 大雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 行楽日和のあと 大雨のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


5日こどもの日と6日は、行楽日和の所が多くなりそう。ただ、ゴールデンウィーク明けは広く本降りの雨。西日本を中心に大雨のおそれも。

こどもの日の天気

あす5日は、北日本は寒気の影響で所々で雨ですが、そのほかは広く晴れるでしょう。
【各地の天気】
北海道は、南西部や北部は一日雲が多く、午前中はときおり雨が降るでしょう。東部は日差しがありますが、昼前から夕方は、にわか雨の所もありそうです。
東北と北陸は、朝まで広く雨で、雷を伴いザッと強く降る所もあるでしょう。昼前には止んで、太平洋側を中心に晴れてくる見込みです。
関東から九州にかけてと沖縄は晴れるでしょう。
【気温】
朝は全国的に今朝と同じくらい。平年並みかやや高く、極端に冷える所はありません。
日中は、北はヒンヤリです。北海道は10度~13度くらい、東北北部は15度前後と、この時期としてはやや低いでしょう。北または西よりの風が強めに吹いて、体感温度はさらに下がりそうです。
東北南部は20度前後、北陸は20度~23度くらいと、快適でしょう。
関東から西は25度~27度くらいの所が多く、汗ばむ陽気です。

あさって以降の天気

あさって6日は、北海道は気圧の谷の影響で昼頃から弱い雨で、空気は少しヒンヤリです。そのほかは日中おおむね晴れて、気温が5日よりさらに上がるでしょう。特に、東北南部と関東は30度以上の真夏日の所が多くなります。屋外のレジャーやスポーツは熱中症対策を万全にしましょう。西から前線が延びるため、中国と四国、九州では、夕方以降は雨の所が増えてきそうです。
GW明けの7日は広く本降りの雨となるでしょう。前線や低気圧が日本付近を通過するためです。特に、九州から近畿、東海にかけて発達した雨雲がかかり、激しく降るおそれがあります。風も強まり、横殴りの雨の所もありそうです。
8日の午前中にかけても前線の影響が残り、九州から近畿の太平洋側や東海、関東は所々で雨。
9日からは日差しが戻りそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい