週間 5月の嵐で大雨も 連休最終日は晴れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 5月の嵐で大雨も 連休最終日は晴れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


2日(水)から4日(金)にかけて全国的に荒れた天気。太平洋側は大雨のおそれも。嵐の後は寒気が入り、気温は平年並みに。連休最終日の6日(日)は全国的に晴れて、気温は7月並みとなる所も。

あすの天気

大陸から東シナ海に延びる前線上に低気圧が発生し、夜には日本海まで進んでくる見込みです。前線は九州を南下するでしょう。九州から近畿を中心に雨。雨や風が強まり、太平洋側は大雨のおそれがあります。
沖縄は昼過ぎにかけて晴れるでしょう。夕方から雲が多くなり夜は局地的に雨や雷雨となりそうです。九州は雨で、昼頃から雷が鳴り非常に激しく降る所があるでしょう。四国、中国地方も雨が降りやすいでしょう。夕方以降は太平洋側を中心に雷を伴って非常に激しく降りそうです。近畿は昼過ぎから雨が降りだし、夜は雷が鳴り激しく降る所があるでしょう。北陸、東海も雲が広がるでしょう。夕方以降は各地とも雨が降り、発達した雨雲や雷雲がかかる所がありそうです。関東甲信は晴れ間もありますが雲が多いでしょう。夜は甲信で雨が降り、関東も北部を中心に雨が降りだす所がありそうです。東北も雲が多く、夜は日本海側を中心に雨が降るでしょう。北海道は雲に覆われて、日本海側では早い所は昼過ぎから雨が降りだすでしょう。
朝の気温はこの時期としては高めで、5月下旬~6月上旬並みの所が多いでしょう。昼間の気温は沖縄は6月並み、九州、四国は、ほぼ平年並みでしょう。中国地方、近畿から東北は25度以上となる所もあり、5月下旬~6月並みの所が多い見込みです。一方、北海道は平年並みかやや低いでしょう。

あさって以降の週間天気

3日(木)頃から4日(金)頃にかけて、日本海の低気圧は三陸沖に進み、更に北海道付近を北上する見込みです。3日(憲法記念日)は、近畿から北海道を中心に雨が降り、風も強まるでしょう。東海や関東甲信、北海道の太平洋側には発達した雨雲や雷雲がかかりそうです。雨の降り方や強風にご注意下さい。最高気温は平年並みに戻る所が多く、九州では4月上旬並みとなりそうです。
前線の通過後は寒気が流れ込みます。4日(みどりの日)頃は、日本海側を中心に雲が多く雨が降る所があるでしょう。晴れ間が出る太平洋側も大気の状態が不安定となり、急な雷雨があるかもしれません。
5日(こどもの日)頃は、大陸から高気圧が日本の南に移動してくるでしょう。沖縄や九州から関東にかけて広く晴れる見込みです。寒気が残る北陸や東北から北海道の日本海側は雲が多いでしょう。太平洋側は晴れ間がありそうです。
6日(日)連休最終日は、全国的に晴れ間が広がり、最高気温は再び平年を上回るでしょう。特に東北や甲信で気温の上がり方が顕著です。7月並みとなる所もあるでしょう。
7日(月)以降は高気圧は日本の東へ中心を移し、大陸から前線が延びてきます。全国的に天気は下り坂へ向かうでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい