晴れ続きですが GW今後の天気は? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

晴れ続きですが GW今後の天気は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


ゴールデンウイーク2日目も全国的に晴天。ただ、これも長くは続きません。後半は広く天気が崩れ、気温の変化も大きくなりそうです。傘と上着の出番となるでしょう。北海道など雪の降る所もあり、お出かけの際は注意が必要です。

29日・30日もおおむね晴れて暑い

ゴールデンウイーク前半はどこにお出かけしようか迷うほど、晴天が続いています。ゴールデンウイーク2日目のきょう29日(昭和の日)も各地で晴れて行楽日和となりそうです。北海道や関東の沿岸部、沖縄では雲の広がる所もありますが、雨が降ることはないでしょう。ただ、北海道や東北、関東の沿岸部などでは風がやや強まる所がありそうです。雨が降らないので、洗濯物を外に干したままでも安心ですが、しっかりととめておきましょう。お出かけの際は帽子など飛ばされないようにご注意ください。30日(月)は日中は各地で大体晴れますが、雲が広がりやすいでしょう。九州は一部で明け方から朝にかけて雨、北海道は夜は雨の所がありそうです。その他の地域は行楽日和が続くでしょう。

後半は広く傘の出番 雪も降る!?

ただ、この晴れの天気も長くは続きません。5月1日(火)には西から前線が近づきます。日中は各地とも大体晴れますが、夜は西から天気が下り坂に向かうでしょう。2日(水)から3日(木)にかけて本州付近を低気圧や前線が通過し、広く天気が崩れる見込みです。九州から近畿は日中は雨。関東や東北は2日(水)の夕方くらいから3日(木)にかけて雨が降る見込みです。4日(金)には西から高気圧に覆われて、天気が回復に向かう所が多いですが、山陰や北陸、東北の日本海側や北海道では4日にかけても雨が降る所が多いでしょう。北陸や北海道の標高の高い所では雪の降る所もありそうです。思わぬ天気に遭遇しないように、これらの地域にお出かけの際は、車の冬用タイヤの装備など、あらかじめ確認しておきましょう。

後半はヒンヤリする日も

最高気温は29日(日)は九州から東北は25度以上の夏日の所が多く、北海道でも20度前後まで上がる所がありそうです。30日(月)もほとんどの所で29日(日)と同じくらいですが、北海道ではさらに気温が高く、25度を超える所もあるでしょう。真夏並みの気温になりそうです。ただ、この時期にしては高めの気温が続くのも1日(火)頃まで。2日(水)以降は全国的に平年並みか平年より低くなるでしょう。夏日になる所は少なくなり、九州から近畿でも20度に届かない所もありそうです。雨や曇りで日差しも少ないため、半袖の陽気から一転、上着があった方がいいくらいの所もあるでしょう。ゴールデンウイーク後半にかけて、天気や気温の変化が大きくなりそうです。特に長期でお出かけされる方は、折り畳み傘と上着など、急な天気の変化にも対応できるよう準備しておくと安心です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい