週間 火と水 本降りの雨 激しく降る所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 火と水 本降りの雨 激しく降る所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


あす24日(火)から25日(水)、前線や低気圧が日本付近を通過。広く雨で激しく降る所も。沿岸部は風も強め。その先は次第に日差しが戻る。

あすの天気

前線や低気圧が西から近づきます。沖縄や九州から東北の広い範囲で雨で、西日本を中心に降り方が強まります。風も強めに吹くでしょう。大きめの傘やレインシューズが役に立ちそうです。
【各地の天気(西から)】
沖縄は一日雲が多く、ときおり雨。夕方以降は雨脚の強まる所もありそうです。
九州と中国、四国は一日雨でしょう。九州は朝から夕方、中国と四国は昼頃から夜に雨脚が強まり、太平洋側を中心に激しく降る所がありそうです。
近畿と東海、北陸も、ほぼ一日雨。近畿は昼過ぎから、東海は夕方から、北陸は朝晩を中心に降り方が強まります。沿岸部を中心に風も強めに吹いて、横殴りの雨の所もあるでしょう。
関東は早い所は午前中から雨で、昼過ぎからは雨の範囲が広がってきます。日中いっぱいは降り方が弱いですが、夜遅くから本降りになりそうです。
東北は一日雨が降ったりやんだりでしょう。
北海道は低気圧や前線の影響をほとんど受けません。日本海側やオホーツク海側は日差しがあるでしょう。太平洋側は雨の所もありますが、パラつくくらいでしょう。
【気温】
全国的に平年並みかやや低めで、雨が降るので体感温度はさらに下がりそうです。
沖縄は26度~28度、九州から関東、北陸は20度前後、東北南部は15度~18度くらい、東北北部は13度~15度くらい、北海道は10度から15度前後の所が多いでしょう。

あさって以降の天気

あさって水曜日は、発達した雨雲が東・北日本へ移ります。
九州から近畿は朝まで雨の所が多く、太平洋側ほど強く降るでしょう。昼ごろからは天気が回復に向かいます。
北陸と東海は昼前まで本降りの雨で、東海の沿岸部では激しく降る所もありそうです。
関東と東北は、朝の通勤の時間帯まで雨。沿岸部を中心に風が強まり、横殴りの雨の所もありそうです。まとまった雨雲が離れる日中も、湿った空気の影響が残り、所々で雨雲が発生するでしょう。
北海道は、太平洋側は朝から雨が降ったりやんだりで、夕方以降は本降りに。夜はオホーツク海側も雨の所があるでしょう。
木曜日と金曜日は、全国的に雲が多めながら、ときおり日が差すでしょう。ただ、気圧の谷が通過するので、大気の状態はやや不安定。急な雨にお気を付けください。
ゴールデンウィークに突入する週末は全国的に晴れて行楽日和になるでしょう。
気温は、全国的に平年並みか高い日が続く予想です。ただ、極端に上がることはないでしょう。晴れる週末も30度を超えるような暑さにはならず、わりと快適に過ごせそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい