寒の戻り 記録的桜前線どうなる?

2018/04/04 18:40

メイン画像
メイン画像
記録的に早く列島を駆け抜けている桜前線。4日は青森県で雪が降るなど、北は冬に戻っていますが、この先はどうなるでしょうか? 開花と満開の傾向 桜前線は、3月30日に岩手・大船渡へ到達し、東北北部まで北上しています。3月の気温が平年より高かった影響で、全国的に平年より10日間から2週間ほど早く開花したところが多くなっています。特に大船渡では平年より15日、仙台では12日早い開花となりました。今週末から来週にかけて一時的に寒気が流れ込みますが、その後は再び気温が平年より高くなると予想されています。これまでの高温でつぼみが急生長しているため、これから咲く地域でも平年より早く開花する見込みです。長野県の標高の高いところでは今週末から開花し、東北の広い範囲でも4月中旬には開花するでしょう。桜前線は大型連休前には津軽海峡を越え、5月中旬にかけて北海道全域で開花する予想です。 記録的に早い満開を迎えた九州から関東では満開のピークを越えました。散り始めたところが多くなっていますが、舞い散る花びらの下でお花見を楽しむ声が各地から聞こえています。北陸、長野県の一部、東北南部では、平年より10日前後早く満開となり、見ごろを迎えています。特に仙台では、平年より12日早く満開となりました。平年では、開花から満開までの日数は1週間前後のところが多いですが、今年は3月下旬の気温が平年よりかなり高くなったため、この日数が短いのが特徴でした。これから満開を迎える新潟県や長野県の標高の高いところや、山形県では今週末から中旬に、東北北部では4月下旬に、北海道でも5月上旬から中旬に満開となるでしょう。 主な地点の予想
画像B
画像B
※予想開花日、予想満開日の( )はすでに開花や満開になった地点です。 全92地点の桜(標本木[ソメイヨシノほか]53地点、自治体・公園など36地点、日本三大桜3地点)の予想開花日・予想満開日は、日本気象協会が運営する天気予報専門メディア『tenki.jp(てんきじぇーぴー)』桜の開花予想ページ https://tenki.jp/sakura/expectation/)にて公開しています。
画像C
画像C

あわせて読みたい

  • 桜前線 4月下旬に津軽海峡を渡る

    桜前線 4月下旬に津軽海峡を渡る

    tenki.jp

    4/11

    桜前線まであと10日 満開も予想 日本気象協会発表

    桜前線まであと10日 満開も予想 日本気象協会発表

    tenki.jp

    3/7

  • 記録的に早い桜 今後は 日本気象協会

    記録的に早い桜 今後は 日本気象協会

    tenki.jp

    3/28

    桜の開花予想 早まる 日本気象協会

    桜の開花予想 早まる 日本気象協会

    tenki.jp

    3/7

  • 桜の開花・満開予想 東京も間近 日本気象協会発表

    桜の開花・満開予想 東京も間近 日本気象協会発表

    tenki.jp

    3/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す