北海道 昼過ぎにかけて暴風雪ピーク 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 昼過ぎにかけて暴風雪ピーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


石狩地方と留萌地方では、数年に一度の猛吹雪となっている所もあります。今日(2日)昼過ぎにかけてが暴風雪のピークとなります。不要不急の外出は控えて下さい。北海道付近は、強い冬型の気圧配置となっており、雪を伴い非常に強い風の吹いている所があります。
今日(2日)昼過ぎまで、数年に一度の猛吹雪となり、見通しがまったくきかない猛吹雪や道路をふさぎ車が埋まるほどの大きな吹き溜まりによる交通障害に厳重な警戒が必要です。車の運転が困難になる恐れがあります。屋外での行動は非常に危険なため、不要不急の外出は控えて下さい。
大荒れのピークを過ぎても、夜遅くにかけて西寄りの風が非常に強いでしょう。予想される最大瞬間風速は、太平洋側西部の海上で40メートル、陸上で35メートルです。日本海側と太平洋側東部は陸上・海上ともに35メートル、オホーツク海側では海上で35メートル、陸上で30メートルです。
海は大しけで、太平洋側の日高、釧路、根室地方はうねりを伴い8メートル、十勝地方は7メートルと高波に警戒して下さい。日本海側は6メートルの海域が多く、檜山は7メートルでしょう。
今日(2日)正午から明日正午までの24時間降雪量は、日本海側の上川・留萌地方で40センチ、石狩・空知・後志地方は30センチの予想です。大雪による交通障害にも注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい