北海道 大荒れ前に対策を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 大荒れ前に対策を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

今日(27日)午前の道内は、札幌や小樽、稚内など日本海側で雪の降った所があった他は広く晴れて、穏やかに経過した所が多くなりました。今日これからも、冬としては割合穏やかな天気が続きます。明後日(1日)の道内は大荒れの天気となるため、穏やかな天気を利用して、雪解けや大雪の対策を進めた方が良いでしょう。

道南方面 気温が上がり広く雨に

明後日(1日)は、低気圧が発達しながら北海道付近に近づき、南から暖かい空気が流れ込みます。室蘭など道南方面を中心に日中は雨となり、最高気温がプラス10度くらいまで上がる所があるでしょう。雨も降るため、一気に雪解けが進みます。特に今シーズン、積雪の多くなっている函館では、排水溝が雪に埋もれて雪解け水が流れにくくなっている可能性があり、道路の冠水につながることも考えられます。明日(28日)にかけては穏やかな天気が続くため、大荒れの天気となる前に、雪解け対策を進めておいた方が良いでしょう。

道東方面 大雪の恐れ

一方で、明後日(1日)の帯広や北見などの道東方面は大雪となる恐れがあります。湿った重たい雪が短い時間に一気に降るため、農業用ハウスの倒壊などにつながる可能性があります。大雪に備えて除排雪がスムーズに行えるよう、雪の堆積場所を確保するなど、明日までに対策を進めておいた方がよさそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい