26日 寒さと暖かさの境界は東海付近 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

26日 寒さと暖かさの境界は東海付近

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

東海から西は最高気温15度以上の所も。関東から北は真冬並み。関東は通勤の朝に雨の所もあり一段と寒い。

予想最高気温の比較 鹿児島17度、名古屋15度、東京7度、札幌氷点下1度

あす(26日:月曜)の日中は暖かい地域と、寒さの続く地域で大きく分かれます。その境界が東海付近となるでしょう。なお、日中は暖かくなる所も朝の空気は冷たいです。服装選びはお気をつけ下さい。
【あす(26日:月曜)の気圧配置】
本州の南を前線を伴った低気圧が東へ進む見込みです。日本付近は北から張り出す高気圧に覆われるでしょう。
【あす(26日:月曜)の全国の天気】
沖縄は昼過ぎまでは雲が多く、夕方から晴れるでしょう。九州や四国は朝は雲が多く、一部で雨が降りますが、日中は回復して日差しが出る見込みです。山陽は晴れるでしょう。山陰は雲が多いですが、降水確率は低くなっています。近畿や東海は明け方まで所々で雨か雪ですが、昼前から晴れるでしょう。朝早くからの通勤で雨具を持ってお出かけの方はお帰りの際に忘れないようにお気をつけ下さい。北陸は朝晩は曇り空の所もありますが、日中は日差しがたっぷりでしょう。関東南部は朝まで沿岸の地域で雨か雪の所がある見込みです。日中も湿った空気が入る影響で雲が広がりやすいでしょう。関東北部や甲信地方も朝まで一部で雪か雨が降りますが、昼頃から日差しが出てくる見込みです。東北南部は晴れるでしょう。東北北部は日本海側で雲の広がる所がありますが、雪は降っても一時的となりそうです。北海道は日本海側では雲が広がりやすく、一時的に雪の降る所がありますが、太平洋側やオホーツク海側は晴れるでしょう。
【あす(26日:月曜)の全国の最低気温←朝の通勤や通学の際の服装選びの参考に】
沖縄は18度くらいでしょう。九州や四国は7度前後、中国地方や近畿、東海、関東は3度前後、北陸や甲信は0度前後、東北は氷点下7度前後、北海道は氷点下10度前後の予想です。通勤や通学は万全な防寒対策でお出かけ下さい。朝に冷たい雨または雪が降る所がある関東は、傘を持つ手がかじかむほどの寒さでしょう。
【あす(26日:月曜)の全国の最高気温←日中のお出かけの際の服装選びの参考に】
沖縄は20度くらいでしょう。九州、四国、山陽は15度前後まで上がる見込みです。鹿児島は17度、高知は16度で日中は春用のコートでも寒くはないでしょう。山陰や近畿、東海は13度前後です。名古屋は15度で、寒さが和らぐでしょう。北陸や関東甲信は7度前後の予想です。東京は7度で、日差しも少ないため、いっそう寒く感じられるでしょう。東北南部は5度前後、東北北部は3度前後で、仙台は5度の予想です。日差しの出る所でも空気は冷たいでしょう。北海道は日中も氷点下のままで経過し、凍えるような寒さが続く見込みです。札幌は氷点下1度の予想で、真冬日が続くでしょう。
もうすぐ3月ですが、3月に入ると、関東や北陸、東北、北海道も寒さが一気に緩む見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい