厳冬から一転、高温の春 3か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

厳冬から一転、高温の春 3か月予報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

この冬は強烈な寒波が何度も襲来し、例年以上に暖かい春が待ち遠しい今日この頃。最新の3か月予報をもとに3月、4月、5月の天候の特徴をまとめました。

3月

北日本は、スッキリと晴れる日は少ないでしょう。湿った空気が流れ込みやすい太平洋側では、平年に比べ降水量が多くなりそうです。気温は平年より高く、北国も一気に春めくでしょう。
東日本と西日本は、天気は数日の周期で変わるでしょう。ただ、低気圧や前線の影響を受けやすいため、太平洋側を中心に平年に比べ晴れの日が少なく、降水量は平年より多い見込みです。気温は平年並みか高く、晴れればポカポカ陽気となる日もありそうです。花粉の飛散がピークを迎えます。寒の戻りのある時期ですので、体調を崩して花粉症を悪化させないよう、気をつけましょう。
沖縄・奄美は低気圧や前線の影響を受けにくいでしょう。このため平年より日照時間が多く、降水量は少ない見込みです。

4月

北日本は高気圧と低気圧が交互に通過し、数日の周期で天気が変わるでしょう。北からの寒気の影響は小さく、気温は平年並みか高い見込みです。桜前線は足早に東北付近を北上するでしょう。
東日本は春らしく、数日の周期で天気が変わるでしょう。気温は平年並みで、春本番の陽気となる日が増えそうです。
西日本は低気圧や前線の影響を受けにくいでしょう。平年に比べ晴れの日が多く、降水量は平年並みか少ない見込みです。気温は平年並みで、日中は上着いらずの日が増えてくるでしょう。
沖縄・奄美は低気圧や前線の影響を受けにくく、平年に比べ曇りや雨の日が少ないでしょう。

5月

北・東・西日本は、天気は数日の周期で変わるでしょう。降水量は平年並みで、気温は平年並みか高い見込みです。東・西日本では汗ばむ陽気の日が増えてくるでしょう。
沖縄・奄美は梅雨に入る頃で、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。気温は平年並みか高く、ムシムシする日が多くなりそうです。
※北日本=北海道・東北、東日本=関東甲信・東海・北陸、西日本=近畿・中国・四国・九州(奄美を除く)


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい