北海道 記録的な積雪に!? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 記録的な積雪に!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
滝川市内の様子(2月1日) 撮影:日本気象協会北海道支社 住友静恵

滝川市内の様子(2月1日) 撮影:日本気象協会北海道支社 住友静恵

道内では20日正午現在、音威子府や滝川、厚沢部町鶉で積雪が150㎝を超え昨冬までの一位の値以上となっている所があります。幌加内では正午現在300㎝近い積雪となっています。今日これからも日本海側では雪が降りやすく、さらに積雪が増えるでしょう。なだれや屋根からの落雪、除雪中の事故などには十分注意して下さい。

雪深い北海道

日本海側では平年の1・5倍ほどの積雪となっており、正午時現在、上川地方の音威子府(おといねっぷ)249㎝、幌加内291㎝、滝川152㎝と、昨冬までの1位の値以上の雪が積もっています。さらに、道南では平年の2倍~3倍の雪が積もっており、檜山地方の厚沢部町鶉(あっさぶちょううずら)の積雪は157㎝です。
今冬の道内は、2月14日午後3時に上川地方の幌加内で積雪が301㎝となりました。道内で300㎝以上の積雪を観測するのは3度目で、1982年3月10日に幌加内町朱鞠内で311㎝を観測して以来、36年ぶりでした。なお、これまでに道内で最も多い積雪となったのは312㎝で、1970年3月25日に後志地方の倶知安で観測されました。

記録的な雪深さになる!?

今日の道内は冬型の気圧配置で、上空には寒気が居座ります。日本海側を中心に雪が降りやすく、沿岸を中心にふぶく恐れがあります。宗谷や留萌、上川や空知地方など夕方にかけての12時間降雪量は局地的に15~20㎝となります。
明日以降も冬型の気圧配置や低気圧の通過で、日本海側を中心に雪の降る日が続くでしょう。上川地方の幌加内では再び積雪が300㎝を超え、これまでに道内で最も多い積雪312㎝を超える記録的な積雪となる恐れがあります。
なだれや屋根からの落雪などには十分な注意が必要です。除雪中に事故にあわないためにも二人以上で行うなど対策が必要です。寒さが緩む23日頃は、特に注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい