北海道 週末は猛吹雪や大雪に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 週末は猛吹雪や大雪に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

今朝(17日)の札幌中心部 撮影:日本気象協会北海道支社 杉山友衣可

今朝(17日)の札幌中心部 撮影:日本気象協会北海道支社 杉山友衣可

今日(17日)6時現在、積丹半島付近にある前線を伴った低気圧の影響で、札幌で今朝は雪の降り方が強まり、車もライトを点灯しながら走行しています。この低気圧は急速に発達しながら明日(18日)にかけて北海道付近を通過するため、道内では明日にかけて、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、大雪に警戒が必要です。

高潮にも厳重な警戒を

午前9時現在の道内は、道央や道南方面などで雪が降っており、1時間に5センチ前後と局地的に降り方が強まっています。昼頃には北部や東部でも雪が降りだし、次第に風も強まってふぶくでしょう。道南では昼過ぎから夜遅くにかけて、道東では夜遅くから明日明け方にかけて猛吹雪となりそうです。猛吹雪や吹きだまりによる交通障害に警戒し、ホワイトアウトとなって車が立ち往生する恐れもあるため、無理な外出は控えるようにして下さい。明日明け方までの24時間降雪量は、道東方面の山沿いなど多い所で60センチと局地的な大雪にも警戒が必要です。また、根室地方では低気圧による吸い上げ効果と満潮が重なるため、潮位が高くなります。明日明け方から朝にかけて高潮による低い土地の浸水にも厳重に警戒して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい