週間 大寒波 影響長引く 三連休は? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 大寒波 影響長引く 三連休は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

大寒波の襲来真っ只中。この大寒波の影響は8日頃まで長く続く見込み。その後、寒気はいったん弱まりますが、三連休前半に低気圧が通過した後は再び強い寒気がやってきそうです。三連休のお出かけに影響が出るおそれも。

あすの天気

あす7日は九州の雪は明け方までで、次第に高気圧に覆われて晴れてくる見込みです。ただ、平地でも積雪となっている所もあり、気温の低い状態は続くため、路面の凍結や足元にはご注意ください。本州の日本海側は引き続き、大雪やふぶきに注意が必要です。四国や本州の太平洋側は大体晴れますが、一部に雪雲が流れ込むでしょう。北海道は雲が多いですが、雪が降る時間は短い見込みです。
7日6時から8日6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで、北陸地方は50から70センチ、関東甲信地方、東海地方、近畿地方、中国地方は30から50センチ、東北地方は20から40センチです。

あさって以降の週間天気

【8日】寒気は次第に弱まるでしょう。西日本では、雪は次第にやむ所が多い見込みです。ただ、北陸や東北、北海道の日本海側では降り続く所があるでしょう。大雪や路面の凍結による交通障害に警戒し、なだれに注意してください。
【9日】日本付近は高気圧に覆われる見込みです。北海道や東北の日本海側、北陸では雪の降る所はありますが、太平洋側を中心に晴れる所が多いでしょう。
【三連休】低気圧が本州の南の海上を発達しながら進む見込みです。またもうひとつの低気圧が日本海を北東に進むでしょう。10日から11日にかけて全国的に天気が崩れる見込みです。気温が高めですので、沿岸部は雨、雪が降るのは内陸部が中心となるでしょう。この低気圧が通過した後は、日本付近は強い冬型の気圧配置になる見込みです。再び非常に強い寒気が南下し、日本海側を中心に雪が降るでしょう。12日は雪の降る範囲が広がり、九州や四国などでも再び雪の降る所がありそうです。三連休のお出かけに影響が出るおそれがあります。最新の情報をこまめにチェックして、お出かけの計画をお立てください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい