北・西の日本海側や北陸 大雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北・西の日本海側や北陸 大雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

津軽海峡の西の海上で低気圧がほとんど停滞。北海道や東北は大雪、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒。また、大陸から数年に1度の非常に強い寒気が流れ込む。北陸や近畿から九州の日本海側を中心に大雪。普段雪が降らない太平洋側でも雪の降る所があり、平地でも積雪のおそれ。

北海道は大雪・暴風、東北は暴風雪に警戒

津軽海峡の西の海上で発達中の低気圧は夜にかけて渡島半島附近へ進む見込みです。
■北海道
広く雪が降り、日本海側西部は北東の風が雪を伴い非常に強く吹く見込みです。猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒して下さい。太平洋側は広く湿った重たい雪が降るため、電線着雪にも警戒して下さい。
<雪の予想>
きょう(4日)6時からあす(5日)6時までの降雪量 (多い所で)
太平洋側西部、オホーツク海側 50センチ
日本海側、太平洋側東部 40センチ
<風の予想>
きょう(4日)の最大風速(最大瞬間風速)
陸上 20メートル(35メートル)
■東北
雪が降り、日本海側は雷が鳴る所があるでしょう。夜遅くから風が非常に強く吹き、雪を伴ってふぶく所がありそうです。
<雪の予想>
きょう(4日)6時からあす(5日)6時までの降雪量 (多い所で)
太平洋側北部 50センチ
<風の予想>
あす(5日)にかけて最大風速(最大瞬間風速)
日本海側 陸上 16メートル(30メートル)

数年に1度の非常に強い寒気が流れ込む

北海道から九州まで上空1500メートル付近では平地でも降水があれば雪の目安となる氷点下6度以下の寒気に覆われるでしょう。さらに九州から近畿は平年より10度前後低い氷点下12度以下の強い寒気が流れ込む見込みです。
北陸や近畿から九州の日本海側を中心に大雪となり、普段雪が降らない太平洋側でも雪の降る所があり、平地でも積雪のおそれがあります。
<雪の予想>
きょう(4日)6時からあす(5日)6時までの降雪量 (多い所で)
■北陸
平地 30センチ  山地 50センチ
■近畿
北部 平地 30センチ  山地 40センチ
中部 平地  5センチ  山地 20センチ
南部 平地  0センチ  山地 10センチ
■中国地方
山陽 山地 40センチ  平地 15センチ
山陰 山地 50センチ  平地 30センチ
■四国
山地  20センチ
平地  10センチ
■九州北部
山地 30センチ
平地 10センチ 風も強まる見込みで、強風にも注意が必要です。
<風の予想>
きょうの最大風速(最大瞬間風速)
■北陸
陸上 15メートル(30メートル)
■中国地方
山陽 陸上 12メートル(25メートル)
山陰 陸上 15メートル(30メートル)


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい