週間 23日から日本海側で大荒れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 23日から日本海側で大荒れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

23日の朝には、関東や山梨の雪は止むが、大雪や路面凍結に注意。交通機関が乱れる可能性も。変わって日本海側を中心に雪で荒れた天気に。北海道や東北北部の太平洋側ではふぶく所も。東海や四国などでも山沿いで大雪となるおそれ。

あすの天気

あす23日の未明にかけて関東や山梨では雪が降り、雪の量が増えるでしょう。冷え込みが厳しく、朝は路面が凍結するおそれがありそうです。冬の装備をしていない車の運転や自転車でのお出かけは控え、歩行の際も十分な注意が必要です。また、鉄道やバスなど、交通機関も影響が出るおそれがありますので、朝は余裕を持ってお出かけください。関東や山梨の雪は朝には次第にやんで、日中は晴れる見込みです。変わって大雪の中心は、北海道や東北の日本海側や北陸へと移りそうです。
日本海では低気圧が急速に発達しながら北東に進む見込みです。北海道と東北の日本海側や北陸を中心に荒れた天気となるでしょう。北海道の太平洋側や東北北部の太平洋側でも雪を伴って強い風が吹く見込みです。猛ふぶきとなる所がありそうです。海はしけるでしょう。23日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北陸と東北、北海道で25メートル(35メートル)、予想される波の高さは、東北、北海道で6メートル、北陸で5メートルの見込みです。猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害や、暴風、高波に警戒してください。
また東海や四国でも山沿いを中心に大雪となりそうです。雪に慣れていない地域では、車は必ず冬の装備を万全にして、お出かけください。

あさって以降の週間天気

あさって24日以降も強い冬型の気圧配置が続きます。上空には一段と強い寒気が流れ込み、日本海側では大雪となるでしょう。全国的に風も強い状態が続く見込みです。また、内陸部を中心に朝晩の冷え込みが非常に厳しくなります。山梨など朝晩は氷点下10度くらいまで下がる日もありそうです。東京など関東でも最高気温が10度に届かない日が来週にかけて続く見込みです。関東でもこれほど厳しい寒さが続くのは今シーズン初めてとなりそうです。寒さの厳しい1週間となるでしょう。今まで以上に万全の対策をしてお過ごしください。強い冬型の気圧配置は27日頃にかけて続き、西日本の雪は次第に弱まってくるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい