「強烈寒波」 23日以降大荒れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「強烈寒波」 23日以降大荒れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

関東に雪をもたらす南岸低気圧は、23日(火)にかけて急速に発達。その後、冬型の気圧配置が強まる。雪の範囲は日本海側へ移り、大雪になる所も。全国的に風が強く荒れた天気に。気温も低く、今シーズンで最も寒い一週間になりそう。

低気圧が急速に発達 強い冬型へ

22日(月)は低気圧が本州の南岸を東へ進む見込みです。これにより、関東地方や東北の太平洋側では広く雪が降るでしょう。この低気圧は23日(火)にかけて急速に発達。その後、日本付近は強い冬型の気圧配置となる見込みです。22日(月)は太平洋側を中心に雪が降りますが、23日(火)には日本海側で大雪の範囲は広がります。

23日以降 日本海側では大荒れ 四国でも

23日(火)からは北海道から東北の日本海側や北陸、山陰などを中心に風が強く、荒れた天気になるでしょう。大荒れとなるおそれもあります。暴風雪や高波に警戒が必要です。東北の日本海側ではふぶく所もあり、大雪となるでしょう。湿った雪が降りますので、電線や樹木などへの着雪にご注意ください。また積雪の多い地域ではなだれにも注意が必要です。また23日(火)には四国でも荒れた天気となり、24日(水)には東海でも山沿いを中心に大雪となるおそれがあります。平地でも積雪となりそうです。今後の気象情報にご注意ください。
一方、関東では23日(火)には雪はおさまりますが、風の強い状態は続くでしょう。引き続き交通機関への影響がありそうです。また積雪となった所では路面状態が悪くなります。車や自転車での走行や歩行には十分にご注意ください。

22日から低温にも注意

22日(月)からは北海道から九州まで、最高気温は平年より気温が低い日が多くなります。北海道や東北北部だけでなく、仙台など東北南部でも最高気温が0度に届かない「真冬日」の日がありそうです。関東でも5度前後の日が多く、今シーズンで最も寒い一週間となるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい