東北 来週は広く大雪、暴風雪のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 来週は広く大雪、暴風雪のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
19日9時発表 22日9時の予想天気図

19日9時発表 22日9時の予想天気図

来週22日月曜日から23日火曜日は南岸低気圧の影響で、太平洋側南部を中心に大雪のおそれがあります。また、23日火曜日以降は強い冬型の気圧配置と先週よりも一段と強い寒気の影響で、日本海側を中心に大雪、暴風雪のおそれがあります。今後の気象情報には十分にお気をつけください。

週明けは太平洋側南部を中心に大雪に警戒

22日月曜日には本州の南岸に沿って、低気圧が発達しながら東北地方南部に近づくでしょう。このため東北地方では、太平洋側南部を中心に湿った雪が降り、風も強まりそうです。雪の降り出しは早いところで明け方からで、低気圧が最も近づく夜から23日朝にかけて降り方が強まるでしょう。大雪に警戒が必要です。
夜の帰宅時間帯と23日朝は積雪により交通期間が乱れるおそれがありますので、最新の気象情報や交通情報をこまめに確認してください。

23日午後からは日本海側でも大雪、暴風雪のおそれ

23日火曜日には、南岸低気圧はさらに発達しながら三陸沖を北上するでしょう。冬型の気圧配置が強まり、非常に強い寒気が流れ込む予想です。寒気のピークは24日頃の予想で、先週11日、12日に北陸に大雪をもたらした寒気より強くなりそうです。日本海側を中心に大雪や暴風雪、高波に警戒してください。太平洋側でも、奥羽山脈を越えて雪雲が流れ込み、北部や内陸を中心に積雪が増えそうです。
非常に強い寒気は、26日頃にかけても居座る予想で、厳しい寒さも続きそうです。東北地方では多くの地点で真冬日になる日があるでしょう。積もった雪はカチンカチンに凍結しそうです。路面凍結、風雪による交通障害、水道管の凍結には十分にご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい