大阪は今季初冬日 北は25度アップも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大阪は今季初冬日 北は25度アップも

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

今朝(15日)も所々で今季一番の冷え込みとなりました。大阪の最低気温は氷点下0度5分と、今季初の冬日でした。東京も氷点下の冷え込みで今季5回目の冬日に。一方、北海道北部では午前10時までの最低気温が所々でプラスの気温となりました。

冷え込んだ朝

寒気が残った中、晴れて、放射冷却現象が強まったため、今朝(15日)も厳しい冷え込みとなりました。仙台や水戸では今季初めて気温が氷点下5度以下となりました。また、新潟は氷点下5度9分、金沢は氷点下3度5分、福井は氷点下4度5分まで下がり、北陸でも所々で今季一番の冷え込みとなりました。大阪でも氷点下0度5分まで下がり、今季初の冬日でした。東京も氷点下1度1分まで下がり、今季5回目の冬日となっています。冬日地点は全国のアメダスのうち約8割と多くの地点で氷点下の冷え込みとなりました。
一方で、意外な地域がプラスの気温となりました。北海道の北部です。北海道の北を進む、低気圧に向かって暖かな空気が流れ込み、稚内の最低気温は1度5分と4月中旬並みでした。また、枝幸町歌登東町の最低気温は氷点下3度6分ですが、前日の最低気温より25度も高くなりました。(※最低気温は全て午前10時までの値)
今日の日中は全国的に寒さが少し和らぐでしょう。最高気温は昨日(14日)より高く、所々で3月並みとなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい