週間 日本海側大荒れ 再び厳しい寒さ

tenki.jp
北日本の日本海側を中心に、12日頃にかけて、暴風雪や高波に警戒、また大雪による交通障害やなだれに注意、警戒をしてください。11日以降は各地で最高気温が10度以下と、全国的に一段と冷たい空気に覆われる見込みです。 あすの天気 きょう9日の夜から強い寒気が流れ込んでくるでしょう。あす10日は北日本の日本海側を中心に大荒れの天気となりそうです。北海道は日本海側を中心に雪でふぶくでしょう。東北の日本海側は雪やふぶきで、太平洋側も一時的に雪か雨が降りそうです。北陸は雪や雨が降り、カミナリを伴う所がありそうです。海は大シケとなるでしょう。 10日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、 北海道地方      25メートル(35メートル) 東北地方       23メートル(35メートル) 北陸地方       22メートル(35メートル) 10日にかけて予想される波の高さは、 北海道地方、東北地方、北陸地方 6メートル です。 これらの地域では、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害や暴風、高波に警戒してください。 また山陰も雪か雨が降る見込みです。山陽や四国、九州でも雨か雪の降る所が多いでしょう。カミナリを伴う所もありそうです。東海、近畿は日中は晴れ間が出ますが、夕方から所々で雨や雪が降る見込みです。関東はおおむね晴れるでしょう。ただ、きょう9日は春の陽気の関東もあす10日には日中の気温はぐんと下がるでしょう。ただ、各地で10度以上の予想ですので、まだ日差しは暖かく感じられそうです。 あさって以降の週間天気 あさって11日以降も、強い冬型の気圧配置は続き、日本海側では雪が降り続くでしょう。12日頃にかけて大雪による交通障害やなだれに注意、警戒してください。九州や四国の太平洋側でも12日頃まで雪の降る所がありそうです。また、全国的に冷たい空気に覆われて、北海道から九州にかけて、最高気温は10度以下となるでしょう。さらにアメダス地点のおよそ2割から3割近くで最高気温が0度未満の「真冬日」になりそうです。また、朝晩も厳しい冷え込みとなるでしょう。アメダス地点のおよそ9割ほどで最低気温0度未満の「冬日」が予想されています。14日にかけて、油断せずにしっかりと防寒対策をしてお過ごしください。15日以降になると寒さも少し和らぐ所が多い見込みです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック