センター試験は極寒 来週は全国で超寒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

センター試験は極寒 来週は全国で超寒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

8日(月)から9日(火)にかけては寒さが緩みますが、10日(水)以降は一転。日本列島の上空には、この冬一番強い寒気が流れ込み、都心の最高気温も右肩下がり。週末のセンター試験の頃は厳しい寒さとなりそうです。

強烈寒波襲来、この冬一番強い

8日(月・成人の日)から9日(火)にかけて、南から暖かく湿った空気が流れ込み、全国的に寒さが緩みそうです。8日(月)の予想最高気温は大阪で15度、高知で16度、鹿児島で17度など、西日本や東海は16度前後まで上がる見込みです。また9日(火)は関東から北でも気温が上がり、東京都心は15度の予想。北海道も、札幌で3度、釧路で6度と、最高気温が氷点下の「真冬日」にはならない見込みです。
ところが、その後は一転して、上空に強い寒気が流れ込む見込みです。各地でこの冬最も強い寒気が、週末にかけて長く日本列島に居座ります。このため全国的に最高気温が10度に届かない日が続くでしょう。北海道や東北北部では「真冬日」になる所もありそうです。13日(土)と14日(日)は「大学入試センター試験」が予定されていますが、この頃まで厳しい寒さが続く見込み。受験生の皆さんは、寒さで体調を崩さないようお気を付け下さい。また試験当日は、受験票とともに寒さ対策もお忘れなく。

日本海側は雪、北陸から北は荒天

8日(月・成人の日)から9日(火)にかけて、急速に発達しながら日本海を進む低気圧の影響を受けるでしょう。9日(火)は日本海側は広く雪が降り、北海道や東北、北陸では大荒れの天気となる見込みです。西日本の日本海側や山間部でも雪が降り、大雪となる恐れがあります。猛ふぶきや吹きだまりによる視程障害、大雪による交通障害に、十分な警戒が必要です。季節風が全国的に強く吹いて、太平洋側にも雪雲が流れ込み、平地でも積雪となる所があるでしょう。晴れて気温が高めになる地域でも、北風が冷たく感じられそうです。
10日(水)から13日(土)にかけても冬型の気圧配置が続く見込みです。荒天のピークは過ぎますが、日本海側では雪の降る日が続き、積雪がさらに増えそうです。なだれや屋根からの落雪、交通障害などに引き続き注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい