週間天気 三が日は再び冬の嵐

tenki.jp
大荒れの天気は一旦きょうまでとなりそうです。ただ、大晦日は広く雨、三が日は再び冬の嵐となるおそれ。

あすの天気

あすも北日本を中心に冬型の気圧配置が続きますが、西からは次第に高気圧が張り出す見込みです。北陸から北海道にかけての日本海側を中心に断続的に雪が降り、ふぶく所もあるでしょう。太平洋側や九州はおおむね晴れる見込みですが、山陰や近畿北部は雲が多く、雨や雪の降る所がありそうです。

あさって以降の週間天気

【30日~大晦日】
あさって30日は冬型の気圧配置が緩んで、高気圧に覆われて広く晴れる見込みです。ただ、31日になると低気圧や前線が日本海と本州の南岸を進んで、西から天気が下り坂。九州から関東、北陸、東北の日本海側は所々で雨や雪が降りそうです。ただ、関東付近では雨雲が南の海上を通って、陸地にあまりかからないかもしれません。年越しの初詣などでお出かけされる方は特に、最新の天気予報をご確認下さい。
【元日~3日】
元日は日本付近は冬型の気圧配置になり、山陰から北海道にかけての日本海側を中心に雪や雨となる見込みです。はじめ雨の所も次第に雪に変わるでしょう。湿った重たい雪が降り、路面の状態が悪化しそうです。外出される方は、足元や、車の運転に十分にご注意下さい。太平洋側は広く晴れて、初日の出が見られるチャンス。ただ、東北や北海道では雪雲や雨雲がかかりやすく、特に北海道では初日の出見物にはあいにくの天気になってしまいそうです。そして3日にかけて強い冬型の気圧配置となるでしょう。日本海側を中心に雪が降り、北海道から北陸を中心に大雪や大荒れとなるおそれがあります。また、全国的に北風がビュービューで、三が日は風の冷たさが身にしみそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック