週間 年末年始 帰省や初詣に影響 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 年末年始 帰省や初詣に影響

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

28日にかけて、北海道から東北、北陸では、日本海側を中心に暴風雪や高波に警戒や注意が必要です。大雪となる所があるでしょう。年末の帰省では、交通機関に影響が出る可能性も。初詣は、天気をこまめに確認してお出かけを。

あすの天気

あす27日も強い冬型の気圧配置が続くでしょう。
<各地の天気>
北海道の北部と南西部は雪で、所々でふぶくでしょう。北海道の東部は晴れる見込みです。東北の日本海側と北陸周辺はふぶいて、大雪の恐れがあります。東北の太平洋側と関東、東海、近畿、四国、山陽、九州は晴れる見込みです。山陰は雪か雨が降るでしょう。沖縄はおおむね晴れる見込みです。
<最高気温>
北海道から東北、北陸では最高気温が平年よりも5度以上低くなる所が多く、各地で真冬並みの寒さでしょう。北海道では軒並み氷点下。東京から九州でも10度に届かない所がありそうです。日差しが出る所でも、防寒対策はしっかりとしてお出かけください。

あさって以降の週間天気

あさって28日は仕事納め。仕事を終えて、そのまま帰省する方、翌日にゆっくり帰省する予定の方も多いでしょう。ただ、特に北日本方面へ帰省する方は、帰省の際、交通機関に影響が出る可能性がありそうです。年末年始の各地の天気です。
【北海道、東北、北陸】
28日にかけて北海道や東北、北陸では雪を伴って非常に強い風が吹き、猛吹雪となる所がありそうです。28日頃にかけて北海道や東北の日本海側や北陸を中心に大雪となる所があるでしょう。冬型の気圧配置は29日ごろまで続きそうです。鉄道や飛行機など、影響が出る恐れがありますので、こまめに情報をチェックしてからお出かけください。
30日には冬型の気圧配置は緩んで、雪も次第にやんでくるでしょう。31日にかけて所々で晴れる時間がありそうです。最高気温もほぼ平年並みまで上がり、寒さも少し和らいで、ほっとできそうです。買いそびれたお正月用品などの買い出しをするのも良いでしょう。ただ、気温が上がると、雪が解けて、屋根に積もった雪が落下する恐れがあります。また雪おろしの際など、屋根からの落雪には十分注意してください。
【関東~九州】
30日までおおむね晴れる日が続きますが、31日は低気圧や前線の通過で西から次第に雨や雪が降るでしょう。関東は沿岸部など早い所ではお昼ごろには降りだすでしょう。沿岸部では雨脚が強まったり、山沿いでは雪が降る見込みです。31日大みそかから初詣に出かける方は、時間帯に注意が必要です。元日、前線の通過後は雲のかかる所がありますが、天気の回復は早く、晴れ間の出る所もありそうです。ただ、降った雪や雨で路面状態は良くないでしょう。慣れない場所へお出かけの際は、雪道の運転や歩行など、十分お気を付けください。
【沖縄】
29日と30日は晴れ間もありますが、寒気や湿った空気の影響で雲が多いでしょう。すっきり晴れる日は少ない見込みです。30日頃までは最高気温は20度くらいの日が続き、この時期らしい気温でしょう。元日になると、平年よりも気温が下がり、日差しもほとんどないため、ぐっと寒さを感じるでしょう。雨が降る日もありますので、レジャーでお出かけの方は、羽織る物や雨具を持ってお出かけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい