26日 強い冬型 北は暴風雪警戒

tenki.jp
26日、日本付近は冬型の気圧配置が強まっていて、上空には寒気も流れ込んでいます。全国的に風が強く、特に北日本の日本海側は暴風に雪を伴い、見通しがきかない程の猛吹雪となる恐れがあります。

きょうの天気

26日は日本付近は強い冬型の気圧配置となっています。北日本では非常に強い風が吹いて、海は大しけとなっています。
<各地の天気>
沖縄と九州南部は晴れる見込みです。九州北部と山陽は雲が多く午後は一部で雨か雪が降るでしょう。四国や近畿南部、近畿中部は晴れる見込みです。山陰や近畿北部、北陸は断続的に雨や雪で、局地的にカミナリを伴い、降り方が強まるでしょう。東海や関東甲信は平野部を中心に晴れる見込みです。東北の太平洋側も日差しが出ますが、昼前後に、にわか雪やにわか雨の所があるでしょう。北海道の東部は大体晴れるでしょう。東北の日本海側や北海道の南西部と北部は雪が続き、猛吹雪や大雪に警戒が必要です。
27日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
北海道地方    25メートル(35メートル)
東北地方     23メートル(35メートル)
北陸地方     22メートル(35メートル)
27日にかけて予想される波の高さは、
東北地方、北陸地方  7メートル
北海道地方      6メートル
です。
北海道と東北、北陸では、暴風や高波、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒してください。

きょうの最高気温

最高気温は平年を下回る所が多い見込みです。那覇20度、鹿児島12度、福岡9度、高知11度、広島9度、松江7度、大阪10度、名古屋9度、金沢と新潟は6度でしょう。東京は13度まで上がる見込みですが、北風が強く、実際の気温よりも寒く感じられそうです。仙台7度、秋田0度、札幌は氷点下4度、釧路は氷点下2度で、厳しい寒さでしょう。万全な防寒対策をしてお過ごし下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック