北海道1~3月 厳しい寒さ続きにくい 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道1~3月 厳しい寒さ続きにくい

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

北海道1月~3月の天気傾向

北海道1月~3月の天気傾向

25日、札幌管区気象台は1月~3月の北海道の3か月予報を発表しました。大陸からの寒気の影響が小さいため、向こう3か月の気温は平年並みか高いでしょう。厳しい寒さとなる日もありますが、長く続くことはなさそうです。また、低気圧の影響で全道的に天気の崩れることがあるため、降水量は日本海側でほぼ平年並みですが、オホーツク海側と太平洋側は平年並みか多くなるでしょう。

月ごとの詳しい天気

(1月)
低気圧や気圧の谷の影響で全道的に湿った雪の降ることがあるでしょう。平年では冬晴れとなる日が多い太平洋側でも雪が降り、局地的にドカ雪となることがありそうです。また、低気圧や気圧の谷が抜けたあとは冬型の気圧配置となりますが、北海道への寒気の流れ込みは弱くなりそうです。日本海側やオホーツク海側では、冬型の気圧配置が長続きしないため、降る雪の量は平年より少なくなりそうですが、低気圧や気圧の谷による雪が降ることはあるため、降る雪の量はほぼ平年並みとなりそうです。気温は平年並みか高く、厳しい寒さと寒さが緩む日を数日の周期で繰り返しそうです。
(2月)
低気圧や気圧の谷が通過し、全道的に雪が降り、その後、冬型の気圧配置となって日本海側を中心に雪の降ることがあるでしょう。太平洋側では引き続き晴れる日が少なく、平年よりも雪の降る日が多くなりそうです。また、この時期、晴れる日が増えてくるオホーツク海側でも低気圧の影響で雪が降るため、平年より雪の降ることが多くなるでしょう。一方、日本海側は1月同様、気圧の谷と冬型の気圧配置の影響で、降る雪の量は平年と同じくらいとなりそうです。気温は平年並みか高く、厳しい寒さとなる日は続きにくそうです。
(3月)
平年と同様に冬型の気圧配置となる日が多いでしょう。日本海側は平年通りに雪や雨の降る日もある見込みです。オホーツク海側と太平洋側は平年と同様に晴れる日が多くなるでしょう。気温は、地球の大気全体で気温の高い状態が続く予想のため、
平年並みか高い見込みです。日ごとに日脚が長くなり、日差しの暖かさを感じられるようになりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい