また強烈寒気 クリスマスから冬の嵐に

tenki.jp
来週は再び真冬並みの寒気が流れ込みます。クリスマスは次第に冬の嵐となり、北海道や東北は猛ふぶきの恐れ。太平洋側も夜は冷たい北風がビュービューと吹きつけるでしょう。 北は猛ふぶきの恐れ クリスマスの25日(月)は北海道の北で低気圧が発達。26日(火)にかけて冬型の気圧配置が強まり、再び真冬並みの強烈な寒気が流れ込むでしょう。北海道は広く雪が降り、暴風が吹き荒れて猛ふぶきとなる所もありそうです。東北は、25日(月)ははじめ雨ですが、次第に雪へと変わります。低気圧の発達具合によっては26日(火)にかけて猛ふぶきとなる恐れがあります。北陸から山陰も25日(月)は雨から雪へと変わり、次第に雪の降り方が強まるでしょう。 太平洋側も北風ビュービュー 関東から西の太平洋側は25日(月)は晴れる所が多いですが、一部に雪雲や雨雲が流れ込むでしょう。冷たい季節風が吹きつけて、夜は気温がグングン下がりそうです。クリスマスの夜にイルミネーションを見に行くなどお出かけの予定がある方は、ダウンコートなど風を防げるコートがよさそうです。 仕事納めまで寒い 27日(水)には冬型の気圧配置が西から緩みますが、強烈な寒気の影響は28日(木)頃まで残りそうです。日本海側は雪、太平洋側は乾燥した晴天で、朝の強い冷え込みと日中の厳しい寒さが続くでしょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック