2017年クリスマスの天気 最新情報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2017年クリスマスの天気 最新情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

今年のクリスマスは全国的にすっきりしない天気に。気温は高めで、日本海側でも雪ではなく雨の降る所が多くなりそうです。ただ、25日の夜からは冬の嵐の始まりで、各地でグッと寒くなります。

24日(日) 気温は高め 広く雨

24日(日)は、西日本は午前中を中心に広い範囲で雨が降るでしょう。雨が降っても、日中の気温は平年より少し高く、14度前後の見込みです。北陸や東北の日本海側も午後は雨の範囲が広がり、雪が降るのはほとんど山沿いとなりそうです。東海や関東、東北の太平洋側は曇りマークで、日中は平年より気温が高め。今のところ、名古屋や東京は13度、仙台は12度の予想です。ただ、夕方以降はにわか雨の可能性があります。北海道も日中はプラスの気温ですが、夜になると広い範囲で雪が降る見込みです。

25日(月) 夜は冬の嵐の始まり、各地でグッと寒く

25日(月)クリスマスの当日は、西日本は雨が止んで、太平洋側を中心に晴れ間が出るでしょう。ただ、寒気が入り始め、日中の気温は平年並みか平年を下回り、真冬並みになる所もありそうです。夜は各地で冷たい風が吹き付けて、震えるような寒さになるでしょう。東海や関東も大体晴れて、日中の気温は平年並みか高めでしょう。夜は寒気が入って、グッと寒くなりそうです。北陸や東北の日本海側は、所々で雨が降り、夜になると山沿いから次第に雪にかわる見込みです。北海道はそれほど強くはなさそうですが、雪の続く所が多いでしょう。
※26日(火)からは、数年に一度レベルの寒気が南下し、冬の嵐となりそうです。詳しくは、ひとつ前の日直予報士の記事『次の冬将軍はクリスマス直後 大雪警戒(吉田予報士)』をご覧ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい