真冬並みの寒さの日曜日 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

真冬並みの寒さの日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

あす17日(日)は、日本付近は冬型の気圧配置となり、上空1500メートル付近にはこのまえと同レベルまたは、この冬一番の寒気が流れ込む見込みです。前回のように冬将軍は長期滞在とはいかないものの、全国的に真冬のような寒さとなりそうです。

冬将軍 再び現れる

16日夜から、あす17日(日)の日本付近は冬型の気圧配置が強まる見込みです。上空1500メートル付近には、真冬並みの強い寒気が流れ込むでしょう。今週前半は強い寒気の影響で、北陸地方を中心に平年の4倍もの積雪となった所がありました。
今回も同レベルまたは今シーズン一番の寒気が再び日本付近に流れ込む見通しです。
日本海側は雪の降る所が多く、北陸や東北、北海道の日本海側だけでなく、西日本の日本海側も大雪やなだれに注意、警戒が必要です。

全国的に震える寒さ

あす17日(日)は、上空には強い寒気が流れ込み、全国的に真冬並みの寒さになるでしょう。予想最高気温は、札幌氷点下1度、秋田1度、仙台や新潟4度、東京10度、名古屋7度、大阪9度、高知8度、福岡6度です。西日本も含めて10度以下の所がほとんどとなりそうです。広い範囲で北よりの風が強く、数字より寒く感じられるでしょう。

寒気いつまで影響?

今回の寒気は、18日(月)の午後には抜けてくる見込みです。19日(火)は寒さが少しゆるむ所が多くなるでしょう。
ただ、20日(水)から22日(金)ごろは、西日本を中心に寒気が流れ込みやすくなり、気温は平年を下回る所が出てきそうです。
23日(土)は、日本付近は高気圧に広く覆われて、全国的に晴れ間が広がり、日差しにホッと出来そうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい