よどむ 東京都心 逆転層で

2017/12/15 14:44

今日(15日)の東京都心は下層ほど空気がよどんでいます。風が弱いうえに、地面付近が冷えて、地上より上空の気温の方が高く、逆転層になっているためと考えられます。

池袋サンシャインからの様子
池袋サンシャインからの様子
よどむ 通常は、上空ほど低い気温になりますが、地上よりも上空の気温の方が高くなっている状態を「逆転層」といいます。逆転層のときに、風が弱いと、汚れた空気が地上付近に留まりやすくなることがあります。 下のグラフは今日(15日)の茨城県の館野(つくば市の気象庁高層気象台)の状態曲線です。これを見ると、関東付近は上空300メートル付近まで、「逆転層」となっているのが分かります。 今日(15日)の東京都心は風速2メートル前後と風も弱くなっており、下の写真のように煙も流れず、上空に垂直に延びています。このため、地上付近で空気がよどみやすくなっていると考えられます。
池袋サンシャインからの様子
池袋サンシャインからの様子

あわせて読みたい

  • 都会の朝 東京 茶褐色の空気の層

    都会の朝 東京 茶褐色の空気の層

    tenki.jp

    12/17

    北海道 寒さを楽しもう!

    北海道 寒さを楽しもう!

    tenki.jp

    1/20

  • 北海道 急に沸き立つ雨雲に注意

    北海道 急に沸き立つ雨雲に注意

    tenki.jp

    4/10

    関東 明日いっそう不安定 春の雷注意

    関東 明日いっそう不安定 春の雷注意

    tenki.jp

    4/16

  • 関東の大雨や雷 夕方にかけて

    関東の大雨や雷 夕方にかけて

    tenki.jp

    7/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す