14日 日本海側の雪や風次第に弱まる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

14日 日本海側の雪や風次第に弱まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょうは、冬型の気圧配置が西から緩むでしょう。日本海側の雪や雨も次第に弱まり、強い風も収まってくる見込みです。日中の気温は平年並みか低く、日差しがたっぷりな所も真冬のような寒さとなりそうです。

きょうの天気

【各地の天気(西から)】
沖縄は晴れ間もありますが、雲が広がりやすいでしょう。九州南部と四国は大体晴れそうです。九州北部と山陽、近畿は雲が広がりやすく、一時的に雪か雨の降る所があるでしょう。山陰から北陸は昼頃まで雪や雨で、雷を伴う所もありそうです。雪や雨のやむ午後も雲が多いでしょう。東海や関東と東北の太平洋側は大体晴れそうです。東北の日本海側は夜にかけて雪や雨が降りやすいでしょう。雷の鳴る所もありそうです。北海道は日中は雪のやむ所が多く、晴れ間の広がる所もあるでしょう。
ここ数日で北日本や日本海側では雪の量が多くなり、新潟県の十日町では積雪が97センチにまで達しました。一昨日の未明の時点では積雪は1センチでしたが、約2日間で96センチも積雪が増えました。これは平年のおよそ6倍の積雪量です。積雪の多い所では、雪が弱まったあともなだれにご注意下さい。

きょうの最高気温

最高気温は、きのうと同じくらいか高くなるでしょう。
那覇は1月下旬並みの19度で、この冬一番低くなりそうです。鹿児島は12度、福岡9度、高知10度、広島と大阪は8度、名古屋は9度までしか上がらないでしょう。九州から東海も真冬並みの寒さとなりそうです。東京は1月上旬並みの10度で、北風が身にしみる一日になるでしょう。金沢と新潟は6度、仙台7度、秋田は5度の予想です。札幌は2度で、凍えるような寒さが続くでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい