AERA dot.

週間天気 寒さ続く 日本海側は積雪増

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

向こう一週間も、まだまだ平年を下回る寒さが続きます。日本海側では雪の降る日が多く、雪の量が多くなりそうです。

あすの天気

あす(8日)は前線が本州を南下し、低気圧が本州の南の海上を東へ進む見込みです。午後は次第に冬型の気圧配置になるでしょう。
【各地の天気(西から)】
沖縄は雲が多く、明け方まで雨の降る所があるでしょう。九州は朝まで雨や雷雨ですが、日中は天気が回復する見込みです。中国地方は、山陰を中心に雨や雪が降ったりやんだりで、雷を伴う所もあるでしょう。はじめ雨の所も夜は次第に雪へと変わり、降り方が強まる所もありそうです。四国は晴れ間が出ますが、所々で雨や雪でしょう。近畿は午前中は広く雨で、夜も所々で雨や雪が降りそうです。東海は朝から昼過ぎにかけて、関東は昼頃から夕方にかけて雨が降る見込みです。北陸は断続的に雨や雪が降り、雷を伴う所もあるでしょう。夜は降り方が強まり、雪の量が多くなる可能性も。北海道や東北は雪の降る所が多いでしょう。
最低気温は、きょう(7日)の朝より高い所が多い予想ですが、最高気温はきょうより低くなりそうです。1月並みの寒さの所が多く、所々で真冬並みとなるでしょう。暖かくしてお過ごし下さい。

あさって以降の週間天気

山陰から北海道にかけての日本海側は雪や雨の降る日が多く、雪の量が多くなる見込みです。11日(月)から12日(火)にかけては強い冬型の気圧配置になり、北日本では雪や風が強まって荒れた天気になるおそれがあります。太平洋側は、晴れる日が多いでしょう。また、上の週間天気予報を見てみると、全国的に青や水色の表示の日が多く、最高気温が平年を下回る日が多くなる見込みです。まだまだ寒さが続きます。しっかり防寒して、風邪を引かないようお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加