九州 山沿いで大雪のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 山沿いで大雪のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

5日夜は、九州北部上空1500m付近に氷点下9度前後の強い寒気が入るため、九州北部は雪や雨が降りやすく、あす(6日)明け方にかけて福岡県や佐賀県の山沿いを中心に大雪のおそれがあります。積雪や路面凍結、農作物の管理などに注意が必要です。

車の運転は積雪や凍結に注意

きょう(5日)の九州は冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が流れ込んできたため、各地で冷たい雨や雪が降り、山沿いを中心に雪が積もりました。きょう(5日)は福岡や佐賀、大分、熊本など九州北部の気象台はみぞれを観測した所が多く、各地で初雪となりました。
今夜は、九州北部上空1500m付近に氷点下9度前後の強い寒気が入るため、九州北部は断続的に雪や雨が降り、あす(6日)明け方にかけて福岡県や佐賀県の山沿いを中心に多い所で10センチ前後の雪が降り、大雪のおそれがあります。平野部もうっすら雪が積もる所があるでしょう。積雪や路面凍結、農作物や農業施設の管理などにご注意ください。

あさって(7日)は一時的に寒さが和らぐ

あさって(7日)は西から近づく気圧の谷に向かって南寄りの風が入るため、九州は一時的に寒さが和らぐでしょう。しかし、8日(金曜日)以降は再び冬型の気圧配置に変わり、来週初めにかけて断続的に強い寒気が流れ込む見込みです。このため、九州の北部や東シナ海側は雲が広がりやすく、冷たい雨や雪が降る所がある見込みです。九州の太平洋側は大体晴れの天気が続くでしょう。
今は師走に入ったばかりで、本格的な冬の寒さに慣れていない時季です。来週初めまでは各地とも厳しい寒さが続くため、体調管理にご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい