白山 火山性地震が増加

tenki.jp
白山で本日(29日)03時40分頃から火山性地震が増加しています。気象庁は火山の状況に関する情報を出して、注意を呼びかけています。

火山性地震が増加

気象庁は、白山で本日(29日)03時40分頃から火山性地震が増加していると発表しました。白山は、金沢市の南方約50kmの石川・岐阜県境に位置する山です。
29日03時から07時までの地震回数は250回。白山で1日あたりの地震回数が200回を超えたのは、2005年の観測開始以来初めてです。最大の地震は05時06分に発生したマグニチュード2.8(速報値)で、白山市白峰で震度1を観測しました。低周波地震や火山性微動は発生していません。

29日07時現在の火山性地震の回数は以下の通りです。(地震回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。)
11月26日:2回、27日:22回、28日:12回、29日(07時まで): 250回

防災上の警戒事項

白山では、火山性地震が増加し、火山活動がやや高まっていることから、今後の火山活動の推移に注意してください。(※白山は噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック