週間天気 あすにかけて寒暖差注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 あすにかけて寒暖差注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

あす(30日)も天気の崩れる所が多くなりそうです。最高気温はきょう(29日)より低い所が多く、北海道から関東で急降下。

あすの天気

あすは北日本を中心に冬型の気圧配置になる見込みです。本州の南の海上には前線がのびるでしょう。あすも天気の崩れる所が多くなりそうです。
【各地の天気】
北海道は日本海側を中心に雪が降ったりやんだりで、吹雪く所もあるでしょう。太平洋側は晴れますが、引き続き風が強い見込みです。東北も、日本海側を中心に雪でしょう。太平洋側は晴れますが、山沿いでは所々で雪が降る見込みです。新潟は断続的に雨や雪で、雪のエリアは山沿いが中心です。北陸3県は、朝晩を中心に雨が降るでしょう。関東から九州も雲に覆われ、所々で雨が降る見込みです。沖縄は、あすも引き続き晴れるでしょう。
最高気温は、きょうより低い所が多く、北海道から北陸、関東で大幅に低くなる予想です。札幌ではきょう午前10時前に11度くらいまで上がりましたが、すでに気温が下がり始めており、きょう午後6時には氷点下2度くらいまで下がりそうです。あすの日中も気温は上がらず、最高気温は氷点下2度の予想と、極寒です。そのほか、新潟はきょうより8度、仙台も9度も低くなる予想です。気温の変化が大きくなりますので、体調管理にご注意下さい。

あさって以降の週間天気

あさって1日(金)も北日本の日本海側を中心に雪が降り、降り方が強まる所もあるでしょう。その後も北日本の日本海側では寒気の影響を受けやすく、また低気圧が度々近づくため、雪や雨の降る日が多くなりそうです。特に北海道では昼間も気温が0度に届かなかったりと、厳しい寒さが続きますので、しっかり防寒してお過ごし下さい。関東から西は晴れ間の出る日もありますが、5日(火)は天気の崩れる所が多いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい