今週 師走にかけ強い寒気 気温急降下 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今週 師走にかけ強い寒気 気温急降下

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

28日(火)から29日(水)までは全国的に気温は高めでしょう。30日(木)から師走にかけて、強い寒気が再び流れ込み、北海道を中心に一気に気温が下がりそうです。

★今週の天気は?

27日(月)は日本付近は高気圧に覆われるため晴れる所が多いでしょう。28日(火)には次第に高気圧の中心は日本の東へ離れて、湿った空気が入りやすくなるため、北日本の日本海側は雲が多くなりそうです。29日(水)は低気圧が発達して、北日本や日本海側を中心に雨や雪となるでしょう。30日(木)は冬型の気圧配置となり、北海道の上空には強い寒気が流れ込む見込みです。本州の南岸には前線が発生し、30日(木)は東日本や西日本では広く雨となるでしょう。1日(金)は雲が多めですが、東日本や西日本では晴れ間が出る見込みです。日本海側では2日(土)ごろにかけて雪や雨となりそうです。

★気温は前半は高め、後半は低い

最高気温は、28日(火)と29日(水)までは全国的に平年より気温が高めとなりそうです。北海道や東北では11月上旬から中旬並み。日差しのぬくもりを感じられる所もあるでしょう。関東から九州にかけては20度前後まで上がる所があり、上着がなくても過ごせる所もありそうです。
30日(木)には寒気が流れ込み、北海道の多くの所で前日と比べて一気に気温が下がるでしょう。10度近く低くなる所も多い見込みです。最高気温が0度に届かない「真冬日」になる所も多いでしょう。東北や北陸では10度以下の所が多くなりそうです。2日(土)になると関東でも1月の寒さで、暖房が必要でしょう。東海から九州にかけては20度に届く所はほとんどなく、各地で15度以下となりそうです。
一方、九州や奄美・沖縄は平年とほぼ同じくらいか平年より高い日が続き、過ごしやすいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい