3か月予報 この冬はどんな冬? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3か月予報 この冬はどんな冬?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょう(24日)発表された最新の3か月予報をもとに、この冬の天候の見通しをまとめました。北日本の気温は12月は平年並みか平年より低くなりますが、1月から2月は平年並みか高くなる見通しです。また、東日本、西日本は、12月は平年並みか低く、1月と2月は平年並みとなりそうです。

北日本 気温の変動が大きな冬

12月は上空の寒気の影響で、北日本では、気温が平年並みか平年より低くなる見込みです。12月の上旬は気温は平年よりかなり低くなる所もありそうです。日本海側は平年と同様に曇りや雨または雪の日が多いでしょう。太平洋側は晴れる日が多くなる予想です。
1月と2月は、低気圧の影響を受けて、南から暖かい空気が流れ込みやすい日が多くなりそうです。このため、気温は平年並みか平年より高くなる見通しです。降水量は太平洋側では平年並みか多く、晴れの日が少なくなるでしょう。

東日本 寒い12月 年明けも平年並みの寒さ

12月は寒気の影響を受けて、気温は平年並みか低く、寒さが体に堪えそうです。日本海側では平年と同様に曇りや雪の日が多くなる見込みです。太平洋側は晴れる日が多いでしょう。
1月と2月は、この時期らしい気温の日が多くなる見込みです。2月は1年で最も寒い時期となり、空気が乾燥しますので、インフルエンザなどには十分注意が必要です。

西日本 日本海側は雨や雪が多め

12月は西日本も寒気の影響を受けます。このため、気温は平年並みか低くなるでしょう。日本海側では曇りや雨または雪の日が多く、マフラーや手袋が手放せない日が多くなりそうです。
1月と2月は、気温はほぼ平年並みとなりますが、引き続き寒気の影響を受けて、日本海側では曇りや雨や雪の日が平年より多くなる見込みです。太平洋側は平年と同様に晴れる日が多いでしょう。

※地域区分※
北日本=北海道、東北
東日本=関東甲信、東海、北陸
西日本=近畿、中国、四国、九州(奄美を除く)


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい