ポカポカ続かず 関東12月は厳寒も

tenki.jp
関東地方は来週中頃にかけて比較的過ごしやすい日が多くなりそう。ただ、来週末から再び寒気が入り、12月上旬はまた寒くなります。さらに12月中旬以降、2月にかけては冬らしい厳しい寒さの日が多いでしょう。 来週中頃にかけてポカポカ陽気 11月後半に入り、日本列島に寒波が襲来。関東地方も先週末から一気に冬の寒さとなりました。この先、真冬並みの強烈な寒気は一旦、日本から離れます。関東地方は来週中頃にかけて気温が高めで、比較的過ごしやすい日が多いでしょう。特に29日(水)は18度前後まで気温が上がって、コートがいらないくらいになりそうです。 来週末からまた寒くなる ただ、ポカポカ陽気は長続きしません。30日(木)の雨の後は再び強い寒気が流れ込み、冬の空気に入れ替わります。最新の1か月予報によると、12月2日から8日頃にかけては晴れの日が多い見込みですが、気温は平年より低く、寒さが厳しくなるでしょう。平野部でも「降れば雪」となるような寒気が関東地方まで流れ込む可能性があり、日差しがあってもダウンコートや手袋が必要な日が多くなりそうです。また、この先1か月の降水量は平年並みか多く、群馬県北部・長野県北部を中心とした山間部の降雪量は平年並みか多い見込みです。 1月と2月も寒い? 12月中旬以降、1月、2月にかけても乾燥した冬晴れの日が多く、冷たい北風が吹きつけるでしょう。冬らしい、厳しい寒さの日が多くなりそうです。何かと慌ただしい時期ですので、体調管理に注意が必要です。また、インフルエンザの流行も懸念されます。クリスマスに忘年会、新年会とイベントも多くなる時期ですので、手洗い・うがいを徹底し、室内の温度や湿度の管理にも気を配りましょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック