冬の嵐 交通障害注意 太平洋側も雪雲

tenki.jp
19日(日)は冬の嵐で、北日本の日本海側は大雪や吹雪の恐れ。北陸から山陰、九州北部も山は積雪が予想され、交通障害に注意が必要です。東北など太平洋側にも一部、雪雲が流れ込む可能性があります。 真冬並みの寒気流入 19日(日)は冬型の気圧配置が強まり、真冬並みに強い寒気が流れ込みます。北日本を中心に冬の嵐となるでしょう。北海道から東北の日本海側は平地でも雪が降り積もり、大雪となる所も。風が強いため、吹雪で見通しが悪くなるでしょう。シーズンはじめの雪ですので、雪道の車の運転や歩行は十分注意してください。北陸は平地でも雪の積もる所があり、カミナリを伴って局地的に強く降るでしょう。近畿北部から山陰、九州北部も山では積雪の可能性があります。積雪や凍結により路面が滑りやすくなるため、峠越えの車は注意が必要です。 雪雲は太平洋側にも 太平洋側は晴れる所が多いですが、北海道や東北では太平洋側にも雪雲や雨雲が流れ込むでしょう。特に東北は気圧の谷の通過に伴い、午後は一時的に雪や雨の降り方が強まることもありそうです。あっと言う間に雪が積もることも考えられ、注意が必要です。晴れる所も冷たい北風が吹き、年末年始の寒さになる所もあるでしょう。まだ11月だからと油断せず、雪への対策、寒さへの対策を万全にしてください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック