AERA dot.

週間天気 寒さ続く 底は日曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

あす土曜日は低気圧の通過で北日本を中心に荒れる。日曜日は全国的に年末年始の頃の寒さ。その後も、平年より気温の低い日が多い。晴れてもポカポカ陽気とはならない見込み。

あすの天気

あすは2つの低気圧が本州の南岸と北海道付近を通過。全国的に雨で、北日本ほど風が強まります。
【各地の天気】
沖縄は断続的に雨が降るでしょう。
九州と四国は、午前中は雨で、局地的に激しく降りそうです。午後は晴れてくるでしょう。
中国地方と近畿は昼前まで広く雨。午後も湿った空気の影響が残り、日本海側の所々でにわか雨があるでしょう。
東海3県は昼前後まで広く雨。夕方にはほとんど止みますが、夜は岐阜県の山沿いに雨雲や雪雲がかかります。
静岡と関東は昼頃から夕方に本降りの雨となるでしょう。
北陸から東北の日本海側は一日雨が降ったり止んだり。南風がやや強く、傘が差しにくくなることもありそうです。夜は北風に変わり、グッと冷えます。平地も雪になる所がありそうです。車の運転は路面状況の変化にお気を付けください。
東北の太平洋側は昼頃からときおり雨。夜は山沿い内陸で雪に変わる所がありそうです。
北海道は断続的に雨や雪で、歩くのも大変なほどの強い風が吹くでしょう。なお、日中は広く雨ですが、朝晩は雪の所が多く、ふぶいて見通しが悪くなる恐れがあります。また、電線への着雪により停電が発生することも考えられます。対策をしておくと安心です。
気温は朝からあまり上がりません。最高気温は全国的に平年並みか低く、九州と中国、四国は15度から18度くらい、近畿や東海、北陸は12度前後、関東は10度前後、北陸と東北は13度前後、北海道は7度から10度くらいの予想です。

あさって以降の天気

19日(日)は、冬型の気圧配置となり、真冬並みの強い寒気が流れ込みます。北海道や東北は日本海側を中心に雪で、平地も雪が積もるおそれがあります。また、沿岸部を中心に風がやや強く、ふぶく所もあるでしょう。北陸の平地でも雪の交じることがある見込みで、初雪となりそうです。関東甲信の山沿いや、岐阜の山沿い、中国地方の山沿いでも所々で雪が降ります。峠道の運転は冬の装備が必要になるでしょう。関東以西の平野部はおおむね晴れますが、気温は朝からあまり上がりません。最高気温は、12月下旬から1月上旬並みの所が多く、西日本も10度くらいで厚手のコートやマフラーが活躍しそうです。
20日(月)以降も、日本海側は雲が多く、所々で冷たい雨や雪。太平洋側は天気がほぼ日替わりです。気温は平年より低い日が多く、晴れる日でも空気がヒンヤリと感じられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加