水曜 朝の通勤は傘を ザーザー降りも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

水曜 朝の通勤は傘を ザーザー降りも

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

8日(水)、朝の通勤や通学時は九州から関東で雨の降る所が多く、太平洋沿岸部は一時的に雨脚の強まる所も。北陸から北海道は昼前から広く雨で、カミナリが鳴ったり、雨が強く降ったりする所もあるでしょう。

九州から関東の雨

8日(水)は、主に二つの前線の影響で、広い範囲で雨が降るでしょう。九州から関東に影響するのが「停滞前線」で、夜にかけて太平洋側を東へ進みます。九州から近畿は昼頃にかけて雨の降る所が多いでしょう。発達した雨雲は海上が中心ですが、太平洋沿岸部では雨脚の強まる所がありそうです。午後は雨がやみますが、近畿周辺では一時的に雨が降る可能性もあります。東海は午後も雨が降りやすく、伊豆半島付近では朝は激しい雨に注意が必要です。関東は朝から昼過ぎにかけて雨の降る所が多いでしょう。雨の降り方は弱いものの、次第に南風が強まるため、雨が斜めに降って体が濡れやすくなりそうです。

北陸から北海道の雨

北陸付近から北海道を通過するのは「寒冷前線」です。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、上空にはこの時期としては強い寒気が入るため、大気の状態が非常に不安定になります。局地的に雨雲やカミナリ雲が発達しそうです。昼前からは広く雨となり、カミナリを伴ってザッと強く降る所もあるでしょう。落雷や突風、急な強い雨、ひょうなどにご注意ください。また、前線の通過後は北西の風に変わり、冷たい空気が流れ込みます。気温がグングン下がって、急に寒くなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい