立冬なのにポカポカ陽気 夏日の所も

tenki.jp
きょう7日は立冬ですが、暦とは裏腹に広い範囲でポカポカ陽気となりました。沖縄県や鹿児島県では最高気温が25度以上の夏日の所も。静岡も夏日に迫る暑さでした。

暦の上では冬だけど・・・

きょう7日(火)は「立冬」で、暦の上では冬のはじまりです。ただ、きょうの日本列島は「立冬」とは思えない暖かさになりました。最高気温は、きのうと同じくらいか、高くなった所が多く、9月並みの陽気となった所も。沖縄県や鹿児島県では所々で25度以上の「夏日」となり、石垣島では29度9分と「真夏日」一歩手前の暑さでした。暑かったのは南国だけではありません。本州でも所々で半袖の陽気となり、静岡は24度6分と、「夏日」に迫る暑さに。都心は21度2分で3日ぶりに20度を超えました。北国でも広くポカポカ陽気となり、新潟、仙台、青森は4日ぶりに20度以上に。岩手県岩泉町の小本は22度4分、岩手県山田町は22度9分で11月1位の値を更新しました。
※最高気温は午後3時までの値です。

ポカポカ陽気はきょうまで

日差しの暖かさはきょうまでです。あす8日(水)は全国的に雨が降るでしょう。東北南部から九州では、日中の気温が20度くらいまで上がる所もありますが、日差しはほとんどなく、気温ほどの暖かさは感じられません。薄着ではヒンヤリするでしょう。日中のお出かけも羽織る物が必要になりそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック